抗ウイルス・抗菌性備えた衛生関連商品 暮らしに定着

2021/01/27 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%ab%e5%a0%82%e3%81%ae %e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%88 %e8%a3%bd%e5%93%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc
イトーヨーカ堂では「フルテクト」のマスクを133店およびECで販売

 コロナ禍で人々の衛生意識がぐっと高まり、ウイルスや細菌対策に目が向けられている。抗ウイルス性や抗菌性を備えた衛生関連商品は急増、マスクのほか、肌着やタオルなど暮らしに身近な商品も多い。感染拡大の終息がますます不透明になる中、生活に定着していきそうだ。

 「当初の見込みより1.5倍の売り上げ」というのは、イトーヨーカ堂。シキボウの抗ウイルス機能加工「フルテクト」のマスクを昨年10月下旬から販売している。30枚入りで1980円は、他社品より枚数が少なく高価だが「抗ウイルス性があり、4層構造の日本製で、衛生的な個包装がお客様のニーズに合致して売れている」と見る。

高まる健康意識

 マスク不足が解消された今、商品の特性上、販売および製造元への信頼感が購入の決め手になっている模様。「本業のスーツで培った信用力が売れた理由」と胸を張るのはAOKI。5月に発売した抗菌加工の「洗えるマスク」が店頭とECで累計1000万枚売れた。

 衛生機能加工素材メーカーは「これまで細々と販売していた」と口を揃えるが、昨年は販売量が飛躍的に伸びた。「健康に対するかつてない危機意識の高まり」(クラボウ)が背景にある。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop