【21年春夏デザイナーコレクション ブランド別・注目雑貨】鮮やかなカラーパレット

2020/11/25 11:00 更新有料会員限定


Medium  21%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3 %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e5%88%a5 %e6%b3%a8%e7%9b%ae%e9%9b%91%e8%b2%a8 %e9%ae%ae%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88 %e6%97%a5%e5%b8%b8%e6%80%a7%e3%81%ae%e9%ab%98%e3%81%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%a0%e5%85%85%e5%ae%9f

 21年春夏のデザイナーブランドによるバッグやシューズは、発色のきれいなカラーパレットが充実する。定番のバッグやシューズに鮮やかな色を乗せてポジティブなイメージを表現している。大きめのトートバッグや歩きやすいエスパドリーユなど、日常的に使える機能的なアイテムが増えている。

(青木規子、写真はブランド提供)

【関連記事】《小笠原拓郎の聞かせて&言わせて》アキコアオキをデザインする青木明子さん ネガティブとポジティブが共存する世界が魅力的

■ルイ・ヴィトン

 ジェンダーの区別のないワードローブを提案したシーズン。雑貨も男女どちらにも似合うものが多い。スニーカーディテールのレザーシューズはカラフルな配色が特徴。中わた入りのショートブーツは、アウトドアとストリートの要素が重なってボーイッシュに仕上がった。ボリューミーなフォルムが、女性の華奢(きゃしゃ)な足を際立たせる。パンプスもコロンと丸く量感があり、足元に重心を置くことができる。人気が続くバケツ型のバッグは鮮やかなグリーンが新しい。

ルイ・ヴィトン
ルイ・ヴィトン
ルイ・ヴィトン

■クロエ

 今シーズンを象徴するのは、アメリカの芸術家で修道女のコリータ・ケントとの協業バッグ。世界情勢をシルクスクリーンに映し出すアートワークが特徴で、HOPEなどの文字をのせたトートバッグや定番のダリアバッグが揃う。女性ならではの視点とリベラルな気質が感じられる。春夏の売り上げの一部を、コリータの作品を保管するNPO(非営利組織)に寄付する。バッグは流線型を描くメタルパーツがアクセントの「キス」やキャンディーのように両端をぎゅっと絞った「ボンボン」。かごバッグも充実する。

クロエ
クロエ
クロエ

■ヴァレンティノ

 おすすめは「ローマンスタッズ」。スタッズを飾ったアイコンシリーズ「ロックスタッズスパイク」を進化させた。ローマの街で見られる切り石積みの壁面を意味するブニャートや宮殿へのオマージュを込めたデザインで、大きめの四角いスタッズが飾られている。スタッズやキルティング、チェーンといったロックスタッズスパイクのエレメントを継承しながら、シンプルになり、大きなキルティングによってバッグは量感を増している。淡いイエローやピンクパープル、オレンジなど花の色を思わせるカラーパレット。

ヴァレンティノ
ヴァレンティノ
ヴァレンティノ

■セリーヌ

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop