20~21年秋冬ミラノ・メンズコレクション「フェンディ」多彩に見せる様々な男のスタイル

2020/01/16 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  13

 【ミラノ=小笠原拓郎】ライフスタイルの変化は、男性のワードローブを変え、多様性を巡る考え方は男性像を変える。そんな時代の転換期を迎えている20~21年秋冬シーズンは、新たな男性像を巡る大胆な提案をしようとする試みが目立つ。

【関連記事】20~21年秋冬ミラノ・メンズコレクション「グッチ」新しい男性らしさをアピール

 フェンディは新しいメンズスタイルを描くのにいくつもの切り口を用意した。インサイドアウトのディテールを象眼細工のようにして作ったコートやジャケット、パンツの上に重ねたマキシ丈のスカート、身頃の途中をファスナーで三段階に切り替えたファーやウールのコート、シームテープ風のロゴ入りテーピングのディテール。春夏のウィメンズのトレンドアイテムでもあるトリミングコートやトリミングスーツもきっちりと揃えている。

 メルトン、レザー、ファー、ビーバータッチの起毛、膨れジャカード。様々な素材をいろいろなアイデアとディテールで組み合わせていく。ブランドの背景にもある上質なファーコートはファスナーの開閉でフォルムを変え、その一方でフェミニンなスカートルックも取り入れるなど、いろいろな視点から新しい男性像を提起している。フィナーレは膨れジャカードの白いアウターやセットアップ。それが光を浴びると違う色に変わっていく。「アンリアレイジ」と協業して、アンリアレイジのコレクションで使われたアイデアまでも取り入れた。


(写真=大原広和)

◆続きは繊研新聞・電子版で

トレンドセミナーのお申し込みはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop