19年春夏ミラノコレ 新しいスポーツミックス

2018/09/25 06:30 更新


Medium prada180925

 【ミラノ=小笠原拓郎、青木規子】19年春夏ミラノ・コレクションに、新しいスポーツミックスの流れが広がっている。フェミニンなドレスに組み合わせるのは、ネオプレンのブラトップやサイクルパンツ、水着のようなボディースーツ。体にぴったりフィットするスポーティーなインナーとフェミニンなドレスとのコントラストが新しい。前シーズンまでのストリートテイストのルーズなシルエットは減っている。

【関連記事】19年春夏ミラノコレ 淡いパステルカラーに注目

 プラダのショー会場に入ると、床には整然とビニールのエアクッションが並んでいる。会場奥にはまばゆいオレンジの光、後ろにはピスタチオグリーンのひな壇。どこか近未来を感じさせるショー会場は、前シーズンのネオンカラーのイメージを引きずっているようにも思える。そのエアクッションの中から自分のシートを探し出して着席するとショーが始まった。

 ミニマルなダブルサテンのシャツやコートなど、プラダらしいクラシックな素材のアイテムでスタート。艶やかなサテンの張りのあるフォルムと対照的に、可愛い胸元のリボンがアクセントとなる。大きく胸元を開けたスイムウェア風トップにはバミューダパンツを合わせたり、スリットスカートを合わせたり。

 モデルたちは頭に立体的なカチューシャをつけている。カチューシャはジャカード地やスタッズを飾るなど、服とシンクロするディテールになっている。カシミヤニットは下に着た白いシャツとともに、肘やフロントに丸く穴を開けてあえて素肌を見せる。シルクサテンドレスはワイルドなレザーコートとコントラストを描く。シフォンドットのドレスは、きりりとベルトをマークする。

 スイムウェアとシフォン、サテンの迫力と可愛いリボン、穴の開いたカシミヤニット、サテンとレザー。対極にある要素を組み合わせながら、クラシックとモダンの間を探る。穴あきのセーターなど、不完全な衣服の持つローエッジのパワーを生かして見せる。それは、川久保玲が得意としていた手法ではあるが、ミウッチャ・プラダのフィルターを介すると、コムデギャルソンとはまた異なる角度となって服に現れる。よりヨーロッパのエレガンスに寄り添う形での破壊といったところであろうか。タイダイ風のプリントドレスやサイケデリックなプリントドレスなど展開力はさすがだが、前シーズンに比べるとそのエナジーはダイレクトに伝わりにくいのが残念。

 しかし、カチューシャやジャカードニットのサンダルなど、新アイテムの魅力で話題を集めそうだ。

プラダ
プラダ
プラダ

 トッズは、初めてメンズとレディスを一緒に見せた。得意とするハンドクラフトを生かしたレザーアイテムが揃う。パイソンやスエード、パンチングレザーをはぎ合わせたジャケット、象眼レザーのプルオーバー、木の葉状にレザーをカットしてフリンジのように重ねたスカートなどだ。メンズもスエードのスーツやスエードのブルゾンが充実した。柔らかなナッパレザーのスーツや型押しレザーのシャツは柔らかなピンクで仕立てられた。

トッズ

 フェンディの新作は、都会的でありながら自然も感じられる。都会のジャングルと自然界といった異なる要素を組み合わせて、新しいミックススタイルを提案する。白いシャツドレスに重ねるのは、透明なPVC(ポリ塩化ビニル)のスタンドカラーコート。レザーのパイピングやパッチポケットがナチュラルなサファリテイストをプラスする。クロップ丈のブルゾンやフレアスカートのシルエットは、フェンディ特有の丸いライン。ドレスやコートには布を大胆に畳んで絞ったコルセットベルトを重ねて、ウエストをシェイプする。エレガントなデザインにスポーティーなブラトップやサイクルパンツを重ねたルックも多い。アースカラーのウェアとネオンカラーの雑貨のコントラストもポイント。エンボス加工したレザーアイテムは、ネオプレンのような人工的なタッチが面白い。

フェンディ

(写真=大原広和)

関連キーワード19年春夏ミラノコレクション記事一覧


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop