今秋冬、レギンス復活か ニットやサイドスリット入り

2018/08/01 06:30 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5 %e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5

 レディスの18~19年秋冬物で、復活が期待されているレギンス。18年春物から兆しはあったものの、メーカーでは重ね着シーズンが本格化する秋物の納期に合わせて、受注が伸びている。特に今年らしいのは、ロングワンピースに合わせたり、ワンピースとレギンスそれぞれにサイドスリットが入っていたりすることだ。

 ニットが得意の「シュガーローズ」(ドリーム)が提案するのは、セットアップにもなるリブニットのカーディガン兼ワンピース(1万2000円)と、同素材のレギンス(5900円)だ。ワンピースは前後逆にもなるツーウェー。秋冬はストリートの要素を強めており、キャップやスポーツサンダルなどをプラスした着こなしを打ち出す。

サイドスリット入りレギンスとロングワンピース合わせが今年らしい。「シュガーローズ」
シュガーローズ

 ニットで定評のある「ディニテ・コリエ」(セモア)もニットレギンス(9900円)を作った。バイヤーからは「肌触りが良い」と評判だ。シャツワンピース(1万6000円)は、着丈が120センチのロング。襟抜きとウエストから裾にかけてのフレアなシルエットでフェミニンに着こなせる。

ディニテ・コリエ

 「ザンパ」(ザンパ)は、ショートダウンパーカコート(1万4800円)、ケーブルニットワンピース(7900円)に、テレコの起毛レギンス(2900円)を合わせた。レギンスはスリット入り。他にもIラインのチェック柄ロングワンピースと、ジャージーのレギンスやライン入りのニットレギンスのコーディネートを推す。

ザンパ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop