ビショップ「ホワイト」 オフィスでも着られる服

2019/10/04 06:25 更新


Medium %e3%83%93%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%91

 カジュアルメーカー、ビショップ(大阪市)のレディス「ホワイト」20年春夏物は、ブランドが続けているオケージョン提案に加え、オフィスでも着られるリラックス感のある商品を打ち出す。

 30型のうち10型ほどをオフィスでも楽しめる服が占め、麻のようなポリエステルのカルゼやツイルを活用したジャケットやパンツなどを揃える。ツイルはスラブ糸を使って天然素材っぽい表情にした。

 女性らしいカーブを描くカッティングやラグランスリーブ、袖口にタックを入れたジャケット(2万3000円)、ふくらはぎ丈のキュロット風パンツ(1万8000円)がある。

 ポリエステル混のシャリ感のあるツイルで、程よい落ち感のあるチュニックブラウス(1万7000円)と、分量を取ってドレープのあるスカートのようなパンツ(1万8000円)のセットアップもある。ベージュ、黒、グレーの3色で、ブラウスは白もある。

チュニックブラウスとスカート風パンツ
ポリエステルツイルのジャケットとふくらはぎ丈パンツ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop