【無料ウェビナー】再エネ時代到来!2030年、日本アパレルは変革できるか?

2021/01/28 05:00 更新



菅総理大臣は昨年10月26日に召集された臨時国会で初めての所信表明演説を行い、脱炭素社会の実現に向けて「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明しました。世界において環境保護などを定めた「ファッション協定」への日本企業の参加を促すメッセージも、小泉進次郎環境大臣から昨年に発信されています。また、アメリカ新大統領のバイデン氏も、今まで遅れていた脱炭素の取り組みを推進し始めました。

まさに世界中が脱炭素社会を目指して動き出す中、それと同時に再生可能エネルギーへの注目もより一層高まっています。今回のウェブセミナーでは、登壇者それぞれの立場から、再エネに関する取り組みや実績、それらを通してみる日本アパレルの未来について語っていただきます。ぜひ皆様ご参加ください。

メディア協力:繊研新聞社

-開催概要-

【タイトル】

再エネ時代到来!2030年、日本アパレルは変革できるか?

【配信日時】

2021年2月24日(水)15:00〜16:00

【参加費】

無料

-登壇者-

●DEPT Company代表 eri(えり)氏


1983年NY生まれ東京育ち。1997年『立花ハジメとLowPowers』のボーカルとしてアルバムをリリース。2002年より自身のブランドを立ち上げ東京・中目黒に旗艦店を構える。

主に古着屋DEPT、古着を利用したワンオフブランド「DEPT ONE OF AKIND」の制作、「mother」をはじめとする自社ブランドのデザインを手がけている。

会社・店舗運営においてのすべての行動に対し可能な限り地球環境への負担をかけないという理念のもと”DEPT THIRD-HANDPROJECT”をスタート。SNSを中心に様々な取り組みやライフスタイルを発信、提案している。

●リトルリーグカンパニー カンパニーオフィサー ロンハーマン事業部 事業部長 兼 ウィメンズディレクター 根岸由香里氏


2008年サザビーリーグ入社。ロンハーマンの日本上陸・立ち上げ時よりバイイングを担当。ウィメンズクリエイティブディレクター 兼 バイヤーとして活躍後、2016年4月よりロンハーマン事業部長に就任。現在もウィメンズのディレクションを行いながら、ロンハーマン、RHCロンハーマン全24店舗を指揮する。

●CDP Worldwide-Japan シニアマネージャー 高瀬香絵氏


慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスにて学士・修士取得後、日本エネルギー経済研究所地球環境産業技術研究機構(RITE)などにて気候変動モデル分析を実施。東京大学新領域創成科学研究科にて、博士(環境学)を取得後、科学技術振興機構低炭素社会研究センター、東京大学工学系研究科にて省エネ政策、再エネ普及政策などの研究に従事。

2015年よりCDPに参加し、現在はSBT・RE100・TCFD開示の分野で企業・自治体のエンゲージメントに従事している。

●ファシリテーター:みんな電力 事業本部マネージャー 間内賢 氏


大手人材派遣会社にてダイバーシティ推進事業に従事した後、2014年よりみんな電力株式会社に入社。電源開発事業部長代理等を経て現職。SDGs/ESG関連の事業企画に携わる他、主な担当分野にファッション、教育業界など。

-視聴方法-

下記よりお申込みページに進んでいただき、お申し込みください。お申し込みいただいた方々に別途メールにて動画視聴用のログインIDとパスワードを送付させていただきます。

お申し込みはこちら


ーお問い合わせー

主催:みんな電力

繊研新聞社 セミナー事務局

e-mail:70th-ux@senken.co.jp

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町31-4


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop