「ヴァンドームブティック」の旭山動物園応援コレクションが好発進

2021/09/02 11:00 更新


Medium %e3%82%a2%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%81%a8%e3%83%92%e3%82%9a%e3%82%a2%e3%82%b9

 8月25日発売のコスチュームジュエリー「ヴァンドームブティック」(ヴァンドームヤマダ)の「旭山動物園〝もっと夢〟基金×ヴァンドームブティック」のシルバージュエリーが好スタートを切った。独自性ある商品の魅力と、オンラインでの販促が相乗効果を生んでいる。

【関連記事】「ヴァンドームブティック」 ペンギン、アザラシ…旭山動物園応援

 この商品は旭山動物園応援企画として製作されたスペシャルコレクションで、実際にデザインチームが動物園を訪れて動物をスケッチし、生き生きとした表情やフォルムにしたのが特徴だ。

 8月13日から特設サイトで予約を始めたところ、想定以上の予約が入ったという。発売初日に、5万5000円以上購入者限定のコレクションボックスがオンラインでは完売となったほか、ホッキョクグマのペンダントやアザラシのピアスがよく売れている。

 販促面では、ファッションサイトやプレスリリースからSNSを通じて拡散され、興味を持った消費者が公式サイトに流入。販売前から多数問い合わせが来ていた。若年層や男性客にも反応があり、客層を広げる効果を生んだ。発売日にツイッターで拡散されたヒョウやトラのモチーフのジュエリーも、すぐにEC、店頭を含めヒットアイテムとなっている。

 SNSでの反響の大きさについては、「シンプルだが、ツイッターの多くのコメントにあった〝商品が可愛い〟ということだと思う」とする。購入時に付くオリジナルポーチやポストカードなど、デザイナーのスケッチと連動した販促品も好評だ。コレクションボックスの効果で客単価も高く推移している。

 販売チャネルは公式ECと日本橋三越本店、松坂屋名古屋店で常時コーナーを設けているほか、全国の百貨店で順次期間限定店を開催。高島屋横浜店(8月31日まで)、そごう横浜店(9月6日まで)など9店で実施する。

アムールヒョウのブローチ(税込み1万4300円)とピアス(1万1000円)
スケッチやビジュアルでイメージを伝えた期間限定店(そごう横浜店)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop