バニッシュ・スタンダード 「スタッフスタート」評価制度の効果が明らかに

2022/01/20 06:26 更新


Medium tsi%e7%94%bb%e5%83%8f
TSIのスタッフによるコーディネート投稿

 スタッフコーディネート投稿アプリ「スタッフスタート」を提供するバニッシュ・スタンダードは、TSIが21年10月に実施した実証実験の結果を明らかにした。TSIの店舗スタッフ約1000人を対象に、スタッフスタート経由売り上げの3%を還元する報酬を設定したところ、投稿数、売り上げともに大幅な増加となった。同社では「スタッフサクセスチーム」を立ち上げ、店舗スタッフを魅力ある職種にする活動を展開しており、今回の発表もその一環。

【関連記事】バニッシュ・スタンダード「スタッフスタート」 未来の「カリスマ販売員」を支援

 TSIが昨年10月1カ月間で行った実証実験の結果を、同社が働きかけて公表した。投稿数は4~9月の平均投稿数に比べ63%増、コーディネート投稿経由売り上げも前年同月比32%増と、大幅に伸びた。報酬は最高13万円を東海地方のスタッフが手にしたほか、約400人が通常の月給に加えて受け取った。同社は、これまで何となく語られていた報酬の効果が、評価制度を策定、整備し、店舗スタッフに示すことでモチベーション向上から売り上げ増まで効果があることがわかったとした。

 同社は昨年11月、評価と効果の研究・周知、SNS活用を含む店舗スタッフ育成、店舗スタッフの活躍の場を拡大するスタッフサクセスチームを発足した。チームには様々な企業から週2、3社、評価制度の導入や見直し、効果、スタッフ育成について問い合わせがある。家電、書籍の小売り出身の木崎大佑スタッフサクセスユニットマネージャーはアパレル産業について「他産業より売り上げやロールプレイングなど店舗スタッフを評価する仕組みを持っている企業が多く、制度の導入や見直しはやりやすいのでは」と言う。またブランドと消費者の距離が近く、最前線の店舗スタッフと結びつきが強くなりやすい。そのため店舗スタッフは販売以外に「ファンマーケティングやブランディング、情報収集など差別化につながる役割を担うようになっている」という。オンラインとオフラインが融合するなか、店舗スタッフの存在が重要性を増している。

関連キーワードデジタルEC支援


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop