〝公園型〟大型店「ユニクロパーク」がオープン

2020/04/14 06:29 更新会員限定


Medium %e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af%e5%a4%96%e8%a6%b3

 ユニクロは今春、大型店を首都圏に3店出す。第1弾として横浜ベイサイドに4月13日オープンした「ユニクロパーク」は、「ジーユー」との複合店。家族連れを中心に幅広い客層が買い物を楽しめる店を目指している。リアル店ならではの魅力を発揮するため、建築、内装、品揃え、サービスなどの面で、どんな仕掛けや工夫を凝らしたのか、オープン前の店舗を取材した。

(柏木均之)

【関連記事】ファストリ柳井会長 「コロナは戦後最大の人類の危機」も「当面の経営に問題はない」

服を買うついでに遊ぶ

 「ユニクロパーク横浜ベイサイド店」は、三井アウトレットパーク横浜ベイサイドに隣接する3階建ての独立棟だ。トータルプロデューサーに佐藤可士和氏を迎え、デザイン監修を建築家の藤本壮介氏が行ったこの店舗は「公園と一体となった店」として設計、建設された。

なだらかな階段が屋上まで続く外観

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop