三菱地所 「常盤橋タワー」完工 商業は飲食主体

2021/07/20 06:30 更新


Medium %e5%b8%b8%e7%9b%a4%e6%a9%8b%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc%ef%bc%93%e9%9a%8e%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8

 三菱地所は東京駅日本橋口前の常盤橋地区で進めている大型複合開発「トウキョウトーチ」の第1期棟「常盤橋タワー」を完工し、7月19日に内覧会を開いた。

 建物は地下5階~地上38階で、延べ床面積14万6000平方メートル。高さは約212メートルで、「現時点で東京駅周辺で最も高いオフィスタワー」という。

 地下1階~地上3階に新業態5店を含む飲食店を主体にした13店と、オフィスエリアに配置したカフェダイニング「まい・しょくどう」で構成する商業ゾーン「トウキョウトーチテラス」を開設。7月21日から9店がプレオープンする。グランドオープン日は未定。まい・しょくどうは延べ床面積約1490平方メートルの施設内のオフィスワーカー向けの共用サービススペース。カフェテリアラウンジは夜、キッチン付きのホールスペースは終日、一般客にも開放する。

 オフィスフロアは地上9~37階で、クラレが子会社を含めて入居、「約9割のテナントが決まった」。満室となった段階で、オフィスワーカー数は「約8000人になる見通し」。コロナ下でテレワークの拡大など働き方が多様化するなか、「オフィスの新しいあり方を提供する」(吉田淳一社長)。まい・しょくどうを含めて、「ワーカーサポート機能」を充実。非接触での入・退館、会議室の予約やカフェテリアでの食事の注文・決済などができるワーカー向けアプリを同社オフィスビルとして初めて導入、8階は会議室やワーカー専用ラウンジからなる「オフィスサポートフロア」とした。

 屋外には飲食店のテラス席のほか、約7000平方メートルの広場を開設。新潟県小千谷市の錦鯉が泳ぐ池を設置するなど全国の自治体と協業し、「日本の文化・魅力を発信する」企画を行う。9月からマルシェも定期的に開く予定。「若手アーティストの作品を発表する場」としても活用する。

 トウキョウトーチは計4棟で、27年度に全体完工予定。全体の敷地面積は約3万1400平方メートル、延べ床面積は約74万平方メートル、商業ゾーンは店舗面積約2万6440平方メートルで、テナント数約200店となる予定。

「まい・しょくどう」は一般客にも一部を開放する

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop