スタートトゥデイ ビジネスウェア市場参入 世界展開も

2018/07/03 15:10 更新


Medium  %e3%82%be%e3%82%be %e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84%e8%b2%a9%e5%a3%b2

 スタートトゥデイは3日、PB「ゾゾ」からビジネススーツ販売を開始し、ビジネスウェア市場に参入する。同時に世界72カ国・地域でゾゾの展開を開始した。都内で開いた新生「ゾゾ」ビジョン発表会で明らかにした。

 ビジネススーツは、採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」で計測した体形データを基に作り上げるフルオーダーメイド商品。生産は中国で、個客の体形データをパターンに置き換える技術や、自動裁断・縫製を導入している。肩の傾斜、体の左右差も個人に合わせられる。今後これら技術を他アイテムにも展開していくと思われる。

 生地はスーパー110のウール使い。無地3色、ヘリンボーン柄で4色を展開する。シャツは綿100%、14色柄。

 スーツが3万9900円(税込み)。スーツとドレスシャツのセット価格は4万4800円だが、お試し価格として2万4800円で販売する。7月までの注文分の商品配送は8月上旬の予定。

 8月上旬にはネクタイも販売する。絹100%、16色、長さ6種、幅6種、2500円。

 同時に世界72カ国・地域でもゾゾの販売をスタートした。まず展開地域の10万人に採寸用のゾゾスーツを配布し、デニムパンツとTシャツから販売していく。

 現段階でゾゾスーツは約55万枚を配布し、今期中には600万~1000万枚を目標にする。前澤友作社長は「世界70億人のサイズへの不満や悩みを解決していく。PB2000億円の目標達成には、この強い思いを知ってもらうことが重要」とし、今後「ベーシックアイテムはすべてゾゾで展開していく」とした。

 4月末に発表したPB計画は初年度売上高200億円、2年目800億円、3年目2000億円を目指す。3年後には海外販売比率40%で800億円、10年後には比率80%に持っていく計画。

「ゾゾ」のオーダースーツを着用するスタートトゥデイ社員と前澤社長

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop