大阪・心斎橋 コロナ禍で空室率上昇も出店続く

2021/05/26 06:28 更新有料会員限定


Medium 32bbc6ed 6117 4838 83e9 e099311d16d4
雨天でも人通りは少なくない心斎橋筋商店街(5月24日夕方撮影)

 大阪・心斎橋地区の路面店の〝店揃え〟が変化し始めた。コロナ禍でインバウンド(訪日外国人客)は皆無、国内客も外出自粛などで来街者数が減少したままだ。コロナ禍の長期化で心斎橋筋を中心に空室率が上昇し、さらに高まると見られる。一方、ラグジュアリーブランドなど海外ブランドを中心に地区内の移転が続いている。ファッションブランドなどの新規出店も顕在化し始め、一等地としてのポテンシャルの高さを示している。

(吉田勧)

 不動産サービス大手のシービーアールイー(CBRE)によると、高賃料の「心斎橋ハイストリート」の空室率は21年第1四半期で8.7%に上昇した。19年以前は20年第2四半期の1.3%水準で推移、20年下半期から急速に高まった。今後の閉店予定や、賃貸借契約期間の縛りで退店を躊躇(ちゅうちょ)している店舗を含めると、「潜在空室率」はさらに高いと見ている。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop