≪開催中止≫失敗するプロジェクトの理由

2020/02/03 05:00 更新


Medium shutterstock 1276275661

合同展示会「PLUG IN」と各種セミナー中止のお知らせ

繊研新聞社は、新型コロナウイルスの感染拡大と2月26日に政府よりイベント自粛の要請が出されたことを受け、3月11日~13日に開催を予定しておりました合同展示会「PLUG IN」の開催中止と下記のセミナーの中止・無期延期を決定しました。

皆様の健康と安全を最優先致しました上での決定となりますので、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

詳細はこちらからご確認ください≫≫https://senken.co.jp/help

2020年2月28日

繊研新聞社

なぜ、あなたのプロジェクトは予定通りに進まないのか全額返金保証

『プ(プロジェクト)譜で学ぶプロジェクト成功道』

繊研新聞社は2020年3月10日、プロジェクト・エディターの前田考歩さんをお迎えして、『プ譜で学ぶプロジェクト成功道』ー新規事業(プロジェクト)の進め方ーに関するセミナーを実施します。

新規事業と言えば大きなものを想像しがちですが、前田さんによると、個人で完結するルーティン以外の業務はすべてプロジェクトだそう。新ブランドの開発や社内制度改革から、経営計画や事業継承、オフィスのレイアウト変更etcまで、チームや組織体で取り組む課題はそこかしこにあるはずです。

組織の大小に関わらず、新たにプロジェクトを始めると、予期せぬできごとが必ず起きます。当初の目標からズレたり、ゴールを見失ったり、メンバー間の意思疎通が不調でスピードダウンしたり。しかも、ほとんどのプロジェクトはうまくいかないように出来ている、と前田さんは言います。


今回のセミナーでは、プロジェクト工学の考え方を転用し、将棋の棋譜ならぬプロジェクト譜(通称プ譜)を活用し、ワークショップ形式で実施します。プロジェクトが「迷子」にならぬよう、最短でゴールに辿りつける手法を身につけ、御社の新規事業を成功に導いてください。

前回参加した受講者からのフィードバックでは、「大変参考になった」が100%でした。内容には絶対の自信があるので、セミナーに満足いただけなかった方には受講料を全額返金いたします。

ふるってのご参加お待ちしております。

■過去の参加者の声

アダストリア 「グローバルワーク」営業部スーパーバイザー 北原潤氏

「グローバルワーク」は将来、現状の3倍程度の売り上げを目標に掲げています。それぞれの部署には目標達成のための方策を考えるというミッションがあり、自分はスーパーバイザーの立場でこの課題に向かっていかなければなりません。

当初は自己流で進めていたのですが、なにぶん大所帯なので、ミーティングでは、「A案でしょ」「いや、Bじゃないと」など意見が別れ、話がまとまらず困ることも少なくありませんでした。大きな課題なので、チームで上手くプロジェクトが運べばと、昨春前田さんの「プロジェクト譜(プ譜)」のセミナーを受講しました。

プ譜は、将棋の「棋譜」を転用したものですが、頭の中で考えていたことや議論の過程などを可視化できるのがメリットだと思います。色々な考えを持った人間が絡むプロジェクトの場合、議論百出で会議が迷子になることがありますが、プ譜で進捗管理すると議論の過程が可視化でき、そもそもの目的も都度確認できるようになりました。プ譜を前に、メンバー全員が納得した上で、議論の積み上げができます。要員が増やせないなか、無駄な仕事を減らすなど業務改善にも繋がっています。

ただ、やり始めてわかったことですが、自分のチームの責任の範囲を超える事柄への対応には工夫が必要だと思いました。プ譜の効果を最大限発揮しようと思うと、さらに上のレベルのジャッジを要することが出てきますし、他部署との連携の必要性が出てくるからです。部分(チーム内)で最適化されても、すぐに全体最適には繋がらないわけです。プロジェクトを始める前に、ゴールまでのイメージ=大局観を、さらに上のマネージメントと共有する必要があります。そうなるともっと効果的になるでしょうね。(談)

※前田さんは先頃、後藤洋平さんとの共著『予定通り進まないプロジェクトの進め方』を宣伝会議から発売。(67件のカスタマーレビュー★★★★★(4.3、2月3日現在)。




*前田考歩さんのブログはこちら

≪プロフィール≫ 自動車メーカーの販売店支援兼グリーンツーリズム事業、映画会社のeチケッティング事業、自治体の防災アプリ、保育園検索システム、魚の離乳食的通販事業、テレビCM制作会社の動画制作アプリ事業など、様々な業界と製品のプロジェクトマネジメントを行う。プロジェクトを「管理」ではなく「編集」的にとらえ、プロジェクトのプロセスを記述していく「プロジェクト譜」の提唱、実践を行っている。著書『予定通り進まないプロジェクトの進め方』(宣伝会議)

◇開催概要

日時 3月10日(火) 13:30~16:30頃(開場は13:00)

場所 繊研新聞社本社6階 東京都中央区日本橋箱崎町31-4(半蔵門線「水天宮前」駅徒歩1分)

募集人員 40名

受講費 8000円(税込)

申し込みは下記フォームから 

※お申し込み後、セミナー事務局より詳細とともにお振込口座のご案内のメールをお送りいたしますので、指定口座に1週間以内の入金をお願いいたします

主な内容 

▽第1部(1時間、座学)

・プロジェクトはなぜうまく進まないのか?

・プロジェク計画はどのように立てるのか?

▽第2部(1時間、ワークショップ)

・プロジェクトを可視、構造化する「プ譜」解説

・自身の新規事業プランをプ譜に書き起こして仮想演習

▽第三部(1時間)

・感想戦(参加者間の共有、フィードバック)

・全体共有、質疑応答、振り返り

ぜひ、ご参加ください。

■問い合わせ先 繊研新聞社セミナー事務局 tel:070-5372-0759 mail :70th-ux@senken.co.jp



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop