今春デビューの「メッキ」 大人の女性を輝かせる一着

2021/01/18 11:00 更新


Medium %e4%bb%8a%e6%98%a5%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%81%99%e3%82%8b %e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%ad  %e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%92%e8%bc%9d%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%82%8b%e4%b8%80%e7%9d%80

 今春、マッハバールからデビューする「メッキ」は、袖を通した瞬間に高揚した気持ちを感じさせるレディスウェアだ。海外ブランドのPRなどに携わってきた宮本葉月がディレクターを担う。国内生産で素材やシルエットにこだわり、「丁寧に手を加え、加工されたものをまとうことで、より輝いていける」アイテムを揃えている。

 大人の女性が着用して「自分が一番可愛い」と思えるフェミニニティーを表現するなかで、「自分が苦手と感じることに向き合ってみた」と宮本。ラッフルや変形ヘムなど、きれいに見えるバランスが難しいディテールを丹念に調整し、肩の力が抜けた印象に仕上げている。しっとりした風合いのヘビーサテンを使ったドレス(8万円)は、前身ごろの右裾で5段重なったラッフルが扇状に伸びる。1段は断ち切りで縫い付けており、一様に見えない装飾の遊びが目を引く。格子柄の生地を使ったタイトシルエットのドレスは、ウエストを切り替え、異なるピッチで寄せたアシンメトリーなラッフルをレイヤード。トラッドスタイルを軽やかに見せた。

 配色にも工夫がある。タイプライターを使ったマキシ丈ドレスは、顔映りの良いミントグリーンを使い、両サイドにネオンイエローのラインを入れてスポーツムードを添える。量感があってもガーリーになりすぎない、スマートさを感じさせている。

ヘビーサテンを使ったドレスに、Tシャツを合わせてラフな印象で見せた
ストラップに付いたラッフルは断ち切りして甘さを抑えている

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop