レディスブランド 19年夏は“リゾート気分”がテーマ

2018/11/20 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  32

 専門店、百貨店販路のレディスブランド19年夏物で、リゾート、デザート(砂漠)、オレンジやテラコッタといった自然を思わせる強めの色をキーワードにした提案が目立つ。

 袖の形とシルエット、レイヤードの仕方などで新しさを出していたこれまでとは違って、シーンががらりと変わるようなワクワク感がある。

【関連記事】東京ブランド19SS レイヤード、量感のバランスが新鮮

◆一枚でおしゃれ感

 リゾート、デザートはデザイナーコレクション19年春夏トレンドの一つ。その気分を象徴するアイテムは何といってもドレスだ。今年の夏の酷暑で、一枚でさっと着られておしゃれ感もあるドレスが足りないほど売れた実績もあり、ドレスには各社が力を入れている。19年のドレスは丈が長いのがポイント。

 「リツコ・シラハマ」(アーモンド・アイ)は、ずばりリゾートにフォーカスした。海辺で過ごす1日をイメージしたアイテム構成になっていて、朝ヨガのズワーブパンツのコンビネゾンは鮮やかなオレンジ。

 プールサイドの優雅なプリントドレスはバイアスで体に沿いながら流れるようなシルエットでVネックラインが深く切れ込む。スイムウェアと合わせてもよさそう。夜のシーンには強撚コットンボイルの薄く透けるカフタンを作った。ボタンで全開する後ろを前にして羽織ることもできる。

「リツコ・シラハマ」(左)プリントドレス3万9000円、(右)コンビネゾン3万9000円

 「クオリー」(セラビ)はデザートサンセットがテーマだ。ラスティックで乾いた空気感に、ラメなどの光沢をプラスして大人のスタイル。素材は最近増えているポリエステル、トリアセテートなど合繊で、麻かコットンのように見えてさらっとした肌触りのもの。

 イチ押しのドレスはちょっとエスニックな草のような柄のプリントで、テラコッタ、グレーが交じる。合わせるコンパクトなフード付きジップアップカーディガンは光沢糸が可愛い。色はブラウンを推していて、盛夏には赤などホットカラーも提案する。

「クオリー」ドレス3万2000円、カーディガン2万4000円

 「フィルブラン」(エプタモーダ)はオレンジを打ち出す。青空に映えそうな鮮やかな色のコットン・ポリエステルのナチュラルな質感のドレスは、すとんとリラックスしたシルエットで、裾の切り替えラインを切りっぱなしのフリンジに。アイテムはドレスとセットアップアイテムを昨年の倍に増やした。

 ドレスは様々な形が揃い、気軽にTシャツと合わせられるジャンパースカートタイプも用意。どれも丈は長めだ。セットアップはストライプのノースリーブシャツとバイアスフレアスカートなど。

「フィルブラン」ドレス1万7000円

◆素足に合う長い丈

 スカートも注目。これまで主流だったガウチョやテーパードパンツなどに代わって、長い丈の素足に似合うスカートが増えている。

 「ケイコ・スズキコレクション」(スプレッド)はスカートとドレスを昨年よりも増やした。どちらも得意の柄物で充実する。柄は絵画のようなタッチで描いた葉の柄、インクジェットや顔料プリント、ジャカードのフラワー、トロピカル柄など様々だが、どれも自然のモチーフ。また、ビタミンカラーの先染めマルチストライプやシャツのようなストライプもある。

「ケイコ・スズキコレクション」(右から)2万7000円、2万5000円、2万9000円、2万6000円

 目を引くのは丈が長いスカートだ。ほとんどが80~85センチ丈で、全円に近いくらいの揺れるボリュームがバカンス気分。タウンに向くすっきりしたストレートスカートも丈は長い。ドレスもスカートと同素材のシリーズで揃い、涼しげなサックドレスが中心。アシンメトリー、後ろ下がりのデザインも多い。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop