今なら勝てるインスタ【再追加】

2019/10/30 05:00 更新


Medium shutterstock 1024016056

繊研新聞社は11月28日、インスタグラム内にホームページを作り、インスタマーケティングと言う全く新しい切り口で売上・集客を上げるインスタ運用術に関する有料セミナーを開きます。8月、10月と開催し好評だったことから、3回目の開催となります。

・「ほほー」と思う点が多くて、楽しかったです
・ビジネスにつながるアカウントにしたいと思っているものの、実際のところよくわからないので参加した。考え方を変えるきっかけになりました。
・他の講座にも参加したことがあったので、その時には学べなかったことを知れたので、参加してよかったです。DMのことやアクティブ数のことなど。 ・前半の松浦氏のお話は大変参考になりました!DMを使うという考え方には目からウロコでした。(以上、前回開催後のアンケートより)

今や国内のアクティブユーザーが3300万人超というインスタグラム。既にインフルエンサーマーケティングやインスタグラム広告で、ビジネスを飛躍させている企業も多く存在します。しかし、それらは少数。後発のアカウントだとフォロワーも簡単には増えませんし、ましてや、エンゲージメントやコンバージョン向上につながるような運営にはかなりの労力とコストがかさみます。

今回のセミナー講師をつとめるサンダーボルト・ジャパンの松浦啓介さんは、「重要なのは投稿内容や画像クオリティよりも、インスタ独自のマーケティング知識」と話します。あらゆる業種のアカウントをプロデュースしてきたからこそ話せる事例を解説を交えながら、ツイッターのようには拡散できないインスタグラムをいかに活性化させるか、そのインスタマーケティングを松浦さんがわかりやすく教えます。

インスタLPの事例

今やユーザーが何かを調べる時は、検索エンジンで「ググる」からインスタグラムで「タグる」と言われており、毎日600万人のユーザーがハッシュタグから必要な情報を検索しています。

ファッション情報を調べる方法 「instagram」が「google」を抜く【ジャストシステム調査】

”日本一多くのインスタアカウントをコンサルしている”チームが日々実践するなかで得たナレッジを学び、最短で最高の効果を実感してください。

〜参加者の皆さまへのメッセージ〜今や国民の4人に1人が利用するインスタグラム。もはや、トレンドや流行の一言では片付けられません。しっかりとそのマーケットを認識し、アプローチしていく必要があります。プレゼンを通して、危機感の顕在化のお役に立てれば幸いです。(松浦啓介)


【対象】 経営者/マーケティング担当役員/マーケティング運用責任者

【目的】 売り上げ/集客/採用/インバウンド/ブランディング

【内容】・今なら勝てるインスタ、その理由とは
    ・インスタの客はインスタの中にしかいない、の意味
    ・全員インスタに監禁される!?
    ・気付いていないインスタショッピングの落とし穴
    ・フォローされるだけでは集客できない?

【開催日】2019年11月28日(木)13:00~16:00(受付は12:30から)

【場所】繊研新聞社本社6階会議室(東京都中央区日本橋箱崎町31‐4)

【定員】36人

【参加費】8000円(税込)

【講師】

松浦啓介氏


まつうら・けいすけ (株)サンダーボルト・ジャパン社長。設立9期目のアパレルメーカー。アパレルメーカー歴18年。モノ作りをコトの視点からプロモーション展開し、現在は大手企業からベンチャー企業、リアルからECまで新規事業開発のプロデュース、コンサルティングを請け負う。新規事業開発、コンサルティングの中でプロモーションの一つとして使い始めたインスタグラムの可能性に気付き、掘り下げ、インスタグラム事業のみをスピンアウト。1810月に本格始動をし、既に100社以上のクライアントからアカウントプロデュース・運営サポートを受託。日々の研究や実践を通じて培ったインスタグラムというツールへの理解やユーザーの行動パターンへの深い洞察を基にEC、美容、飲食、キャバクラ、採用、芸能、結婚式場、ライブハウス金融など様々な業種において企業のインスタマーケティングを成功に導いている。

西優介氏


にし・ゆうすけ (株)サンダーボルト・ジャパン / セールスプロモーター (株)World Square With社長 (株)Stage Creation社長。設立5期目の実業家美容業界暦16年、20歳で全国指折りのブランドサロンに入社。スタイリストになり7年後に独立。独立後はサロンワークの傍ら、マネジメント、オーナー業の全てを経験し店舗をバイアウト。その後ファッションショーなどの総合エンターテインメント型イベントを毎月プロデュースする。IT事業ではアメブロのコンサルからマーケティングの重要性を学び、その際に今後も大きな流通の伸びが期待出来るEC業界に参入。更にSNSでのプロモーション能力を活かしたいと思い、これからの時流に合ったサービスとして2年前から参画したインスタグラム事業でマーケティング支援に参入する。現在はサンダーボルト・ジャパンのセールスプロモーターとして代表松浦氏とインスタグラム事業でパートナーシップを組み、事業の枠組みから作り込みを協業し、現在延べ100社を超える企業のアカウントプロデュース・運営サポートを受託。EC、美容、飲食、キャバクラ、採用、芸能、結婚式場、ライブハウス、金融など様々な業種において企業のインスタマーケティングを成功に導いている。

◆問合わせ先=繊研新聞社セミナー事務局

 東京都中央区日本橋箱崎町31-4 TEL.070-5372-0759 MAIL:70th-ux@senken.co.jp


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop