「コミテコルベール・アワード2019」優秀賞3人を選出

2019/11/14 11:00 更新


Medium %e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2  %e5%8f%97%e8%b3%9e%e8%80%853%e5%90%8d

 フランスのラグジュアリーブランドが所属する仏文化機関のコルベール委員会ジャパンと東京芸術大学は、未来の文化とアーティスト育成を目的にする共同プロジェクト「コミテコルベール・アワード2019」の優秀作品3点を発表した。

【関連記事】コミテコルベール・アワード2018 優秀作品3点を発表

 今年のテーマは令和。新しい時代に日本はどのようになっていくか。昭和、平成からあるものは引き継がれるのか。そういった視点を持って、東京芸術大学の学生がアート作品を制作。一次審査で12作品を選出した後、最終審査で金森由晃さん、太田琢人さん、門馬さくらさんの3人が優秀賞に選ばれた。

 一次審査を通った12作品は、20日まで同大学の美術館に展示される。このアワードは20年まで継続する3年間のプロジェクトで、21年にフランスのコンテンポラリーアートフェアFIACで、各年の優秀賞の作品展示を予定する。

一次審査を通過した12作品は東京藝術大学美術館で展示されている
優秀賞に選ばれた金森さん、太田さん、門馬さん(左から)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop