AOKI 「パジャマスーツ」軸にカジュアル領域100億円超へ

2021/10/15 06:30 更新


Medium aoki
「パジャマスーツ」

 AOKIは10月14日、戦略発表会を開催し、「パジャマスーツ」を軸にしたカジュアル領域の年間売上高を今後3年で100億円以上に引き上げる方針を打ち出した。コロナ禍で従来のビジネススーツの需要が落ち込んでいることを踏まえたもので、「小売業として店舗の対面接客でお客の声をすばやく企画に反映し、“ライフ&ワークスタイルのAOKI”を鮮明に打ち出す」(青木彰宏AOKIホールディングス代表取締役社長)考えだ。

【関連記事】AOKI「アクティブワークスーツ」 販売着数が累計1万枚突破

 パジャマスーツはビジネスやリモートワーク、おうち時間、軽い運動、仮眠などが1着でかなう「パジャマ以上、おしゃれ着未満」をコンセプトに20年11月に販売開始し、累計販売着数は3万着を突破している。

 購入客へのヒアリングでは旅行や授業参観など「想定以上に幅広いシーンで着用されている」ことがわかり、あらゆるシーンで着用・ドレスアップができる「新しい時代のカジュアルスーツ」としても訴求することにした。

 21年秋冬はパジャマスーツの品揃えを前年比10倍に増やし、マーケティングを拡大する。

 パジャマスーツとして初のテレビCMを放映するほか、デジタル媒体でのインフルエンサー、SNS、動画広告を活用するほか、チラシやDMなどアナログも組み合わせ、「日本全域・全国民に認知を広げる」。

 また、ベルギーサッカー1部リーグのクラブ、シント=トロイデンVVのオフィシャルスーツとして提供することも決まっており、「パジャマスーツを世界へ向けてもPRしていく」計画だ。

今秋冬は品揃えを前年の10倍に増やして訴求を強める

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop