ジアウトレット北九州開業 140店揃え“学び”と観光のハブ機能

2022/04/28 12:35 更新


Medium %e5%8c%97%e4%b9%9d%e5%b7%9e
「スペースワールド」跡地に開業

 イオンモールのジアウトレット北九州(北九州市)が4月28日、オープンした。「スペースワールド」の跡地を再開発したもので、27万平方メートルの敷地にアウトレットモールとエンターテインメント施設などを組み合わせた。「今までを一歩越える」(岩村康次社長)館として、年間の集客目標は800万人。隣接するイオンモール八幡東とデッキで結んでいる。

【関連記事】ジアウトレット北九州 4月28日に170店で開業 遊びと学びの体験を提供

 アウトレットゾーンは140店が揃い、植生など環境を重視した。北九州市が設置する科学館・スペースラボのほか英語体験施設などを備えており、“学び”をテーマにしたエンターテインメントとの融合は新たな取り組み。

 26、27日の施設周辺を対象にしたソフトオープン期間は雨に見舞われることもあったが4万1000人を集め、手応えを得ているという。28日には開業前に2800人が並んだ。地域創生型を目指すジアウトレットの第2号施設として、自治体と連携、周辺の「観光資源を結ぶハブ」の役割も担いながら定着を見込む。


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop