21年春夏トレンドチェック:発注 シンプルなスタイルに支持

2020/11/30 06:28 更新有料会員限定


Medium 4baa5b7c 0576 4aa0 9877 7814967c9822
マッシュスタイルラボ「スタイリング/」の21年春夏展から

 有力ショップに聞いた21年春夏の発注状況は、上質な素材を生かしたシンプルなスタイルの「シンプリシティー」が支持された。この流れから、色は白やエクリュ、ベージュに人気があるが、一方で前向きなメッセージやファッションの楽しさを伝えようとプレイフルな色への関心も高まっている。

 トレンドテーマの1位はシンプリシティーだった。淡くきれいな色のシンプルなドレスやセットアップを軸に、飾らない凛(りん)とした強さを見せる。シンプルな中にとぎ澄まされたカッティングやクラフトマンシップが光り、ほんのり女性らしい艶っぽさがあるのも特徴だ。

 「飾らず、でもクリーンで、どこか凛(りん)とした雰囲気に注目。清潔感のあるスーツスタイルや、ドレスとパンツのレイヤードなど、マスキュリンなアイテムで女性らしさを際立たせる」(リステア)、「『ザ・ロウ』のシャツやジャケット、パンツなど、上質な素材で作ったベーシックなアイテムを発注した」(そごう・西武)という店があった。

 続く2位は継続トレンドのクラシックを背景にしたエレガントなスタイルの「クラシカルエッセンス」だった。小差の3位は「ナチュラル、ボタニカル」。自然の温かみや伸びやかな生命の力を感じさせる色柄をポイントに、前向きな女性像を描く。ビームスはコロナ禍でリラックスムードが重要と考える中、レイビームスでナチュラル、ボタニカルに注目した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop