21~22年秋冬ミラノ・コレクション ブランド独自の見せ方で「伝える」

2021/03/01 06:27 更新


Medium fotojet  22

 21~22年秋冬ミラノ・コレクションが始まった。前シーズンのミラノはコロナ禍とはいえ、リアルショーが多かったが、今回はほとんどがデジタル配信となる。雑貨ブランドのプレゼンテーションもミラノの見どころの一つだが、それも多くがオンライン発表となる。無観客とはいえ会場選びにこだわったり、新しい編集技術を取り入れたりと、ブランド独自の見せ方が焦点になりそうだ。

(小笠原拓郎、青木規子)

【関連記事】ロンドン・ファッション・ウィーク・フェブラリー2021 新しい世界との付き合い方を模索

 フェンディは1月のオートクチュールに続き、キム・ジョーンズによる初のプレタポルテを見せた。秋冬はブラウン、ベージュ、白、黒といった落ち着いた色目にわずかにペールピンクを差し込んだコレクション。ファーコートやスリーブレスのファードレスなど、フェンディらしいゴージャスな素材のアイテムが揃う。ファージャケットはフロントをパイソンでトリミング、トレンチコートもパイソンを使ってラグジュアリーに。シアリングのショートブルゾンなど、ゴージャスな素材を軽やかに仕立てていくのも特徴となる。ミドリフ丈のタートルニット、ニットのブラトップとストレートスカートのセットアップなど、ウエストをのぞかせるディテールも目立つ。デコルテを強調したドレスも含め、官能的なラインを描く。コートやドレスの裾にファーやシアリングをフリンジ状に飾って動きを作る。ショートパンツやロングブーツといったアイテムも取り入れて、ファーたっぷりのゴージャスなラインなのに軽快なイメージに仕上がった。

フェンディ
フェンディ

 ヌメロ・ヴェントゥーノのモデルは、暗がりのフロアをスポットライトに照らされながら登場した。身にまとうのは、黒いランジェリードレス。背中がぱっくりと開いたドレスにハードなアイメイクの女性は、クラシカルな感じとハスっぱな感じが混在する。合わせるのは、男物のようにだぼっとしたブルゾンやワンショルダーのセーター。パステルカラーのダブルフェースのコートには、同素材のブラとタイトスカートを組み合わせた。どれも肌見せのスタイルで、アレッサンドロ・デラクアらしいセンシュアルなイメージが凝縮されている。柄もブランドの定番が充実。オンブレチェックのミニドレスに、レパード柄のストレートスカートなどがポイントになっている。

ヌメロ・ヴェントゥーノ

 アルベルタ・フェレッティがランウェー形式で見せたのは、男性的なかっこよさと女性らしいシェイプを併せ持つハンサムレディー。かっちりとしたショルダーラインのテーラードジャケットはウエストが曲線的に絞られ、ハイウエストのワイドパンツは細いウエストと腰の丸みがコントラストになっている。首元を覆うハイネックトップの役割も大きい。全体をきりりと引き締めている。フェレッティが描くエレガントな女性像とワーク調のスエードコンビネゾンの組み合わせも新鮮。カジュアルなスタイルに、ビクトリアンカラーのブラウスがアクセントになっている。色は黒のワンカラーか、ブラウンやカーキ、ダスティーブルーの組み合わせ。シックなカラーで落ち着いたイメージを表現した。

アルベルタ・フェレッティ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop