春夏クリエイターバッグ サンドカラーでナチュラルに

2020/01/23 06:27 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  1

 20年春夏のクリエイター系バッグブランドの新作は、白、ベージュといったナチュラルなカラーが目を引く。フォルムもクロスボディーや巾着といったリラックス感のあるタイプが多い。大ぶりのメタルのディテールを飾ったり、本体は雑材ながらベルトや持ち手をレザーにしたりと、どこかにシャープさを加え、引き締めて見せている。

(中村維)

 一見、雑材製のカゴに見える「アエタ」のバッグは、レザーを編んだもの。19年春夏に出したシリーズで、20年春夏はラウンド型の新作(小3万3000円、中4万5000円、大6万2000円)を出した。くったりしたナチュラルな質感と、素材の意外性が面白い。

アエタ

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop