19春夏メンズトレンドファイル 多彩な柄表現で変化

2018/08/01 06:28 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  7

 19年春夏メンズトレンドのカギとなるのは色と柄。スポーツウェアとその対極ともいえるスーツが大きな流れになる中で、そこに変化をもたらすのは色と柄となる。レディスコレクションのネオンカラーの広がりを受けて、鮮やかな色をアクセントにしたラインが広がった。

【関連記事】19春夏メンズコレ スポーツ&ストリートがトレンド

 春夏は、いつになく黒が少なく感じたシーズンだ。スポーツアイテムが広がったことで、赤や青、イエローといった原色が増えている。なかでも原色をストライプ状に切り替えた配色が目立つ。そこにアクセントを作るのはネオンカラー。イエローやオレンジ、ピンクのネオンカラーをベルトやスニーカーに取り入れて強弱を作る。原色とともに多いのは春夏らしい柔らかな色。ダスティーピンクやベージュ、柔らかなブルー、深みのあるグリーンなどのカラーパレットが広がった。

マルニ
ドリス・ヴァン・ノッテン
ヌメロ・ヴェントゥーノ
サカイ

 春夏らしく多彩な柄も広がっている。レディスコレクションですでに登場している日本のアニメ柄、春夏らしい海の風景画といったプリントが広がった。バレーボールのアニメの柄のほか、南国をイメージしたハイビスカス柄も出ている。レパード柄も再び増えている。抽象柄では、ハートやドット、ストライプのほか、曲線的なグラデーション柄のグラフィカルなタイプも出ている。変わったところではストライプに肖像画のようなプリントを重ねた「マルニ」や大小の花柄をパネル状に配した「ヴェルサーチ」など。ネイティブアメリカンのラグのような柄を配したものも新鮮だ。

ヴェルサーチ
MSGM

ケンゾー
ロベルト・カヴァリ

 ブランド名やタイポグラフィーの表現も今シーズンの特徴。ブランドロゴをグラフィカルに表現した「ヴァレンティノ」や文字とスクエア柄を組み合わせた「マーティン・ローズ」の柄が興味深い。

マーティン・ローズ
ヴァレンティノ

(写真=catwalking.com)

19年春夏繊研レディストレンドセミナーはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop