16年春夏パリ・コレクション8

2015/10/09 13:50 更新


Medium louis vuitton ss16 ee001

《16年春夏パリ・コレクション》透明感あるブラック&ホワイト

 【パリ=小笠原拓郎、青木規子】16年春夏パリ・コレクションに、透明感のあるブラック&ホワイトが広がっている。カラフルな色柄ミックスが出ている一方で、装飾をシンプルに見せる手法として注目だ。レースやシフォン、オーガンディなどの透ける素材を重ね、刺繍やアップリケをプラスしてフェミニンに仕上げたルックが多い。

miumiu_ss16_0021 miumiu_ss16_0095 miumiu_ss16_0153
 ミュウミュウは、エキセントリックな要素を独特のセンスで取り入れたリアルスタイル。ジャカードのジャケットやコートと合わせるのは、クロップト丈のパンツにグラフィカルな柄を切り替えたブーツ。パンツの柄はプリンス・オブ・ウェールズチェックなどの伝統柄で、そこにジャカードのジャケットやギンガムチェックのシャツを合わせて、シンプルで可愛いスタイルにまとめる。ギンガムのシャツにはオーガンディのシャツをかぶせたり、オーガンディのフリルを飾ったりすることで、シンプルなのに、ありそうでないスタイルへと変化させる。そのやり過ぎないスペシャル感のバランスが絶妙だ。ダイヤ柄を象眼で描いたレザージャケット、ジャカードニットのグラフィックを挟み込んだレイヤードスタイルなど、ハンドクラフトを取り入れながらリアルなイメージに仕上げた。

Louis Vuitton Paris RTW Spring Summer 2016 September-October 2015
 ルイ・ヴィトンは、デジタル映像とともにコレクションを見せた。会場となったのはパリ郊外のフォンダシオン・ルイ・ヴィトンの特設テント。ニコラ・ジェスキエールらしいガーリーなスタイルをベースにしたラインを揃えた。ピンクのライダーズジャケットに黒いラップスカート。黒いドレスやスカートにはメタリックな刺繍をグラフィカルに飾る。草のような柄をモチーフにした刺繍も目立つ。黒とピンクを切り替えたタンクドレスやアシンメトリーのネックラインのロングドレスに草の葉の柄を刺繍する。上からオーバートラウザーを重ねたようなグラフィカルなプリント切り替えのパンツ、ヘムにふんわりとしたふくらみを残したギャザードレープドレスもキーアイテム。モノグラムやダミエ柄を取り入れたライダーズジャケットも充実している。

moncler_gamme_rouge_ss16_0274
 モンクレール・ガム・ルージュは野の花が咲く草原をランウエーに、ピュアでロマンティックなスタイルを並べた。白いオーガンディのミニフレアドレスは、白い小花の刺繍が浮かびあがり、レースのチュチュが透ける。そこにスポーティーなジップアップディテールやスニーカーで活発なムードをプラスする。天使のような透明感に包まれたスタイルだが、次第に女戦士のような強さが加わっていく。少女のようなモデルたちは剣やかぶとを手にして、ライディングジャケット風のジップアップブルゾンやフェンシングの防具を思わせるボディスで闊歩(かっぽ)する。(写真=大原広和)

(続きは繊研新聞で=お申込はこちら)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop