視点

《視点》セリーヌ・ロス

2018/10/19

 「セリーヌ」からフィービー・ファイロが離れ、19年春夏コレクションでエディ・スリマンによる新生セリーヌが発表された。分かっていたことなのに、今までのセリーヌが完全になくなってしまったことを見せつけられたようでショ...

もっとみる


《視点》産地の学校

2018/10/18

 物作りを通じて国内産地と企業、デザイナーを結ぶ仕事をしているテキスタイルキュレーターが人材育成を行っている。テキスタイルコーディネートを主な事業としている糸編(東京)の宮浦晋哉代表が、その名も「産地の学校」を運営...



《視点》プラスチックは悪者か

2018/10/17

 プラスチックごみの問題が世界的に注目を集めている。ウミガメの鼻からストローが抜かれるセンセーショナルな映像がニュースに流れ、スターバックスをはじめとした国内外の飲食チェーンは脱プラスチックストローに動き出した。 ...



《視点》近くにあったヒント

2018/10/16

 アパレル生産は中国から、ASEAN(東南アジア諸国連合)やバングラデシュなど、日本からは遠いが、コストの低い地域へのシフトが進む。しかし、価格競争一辺倒では価値も消化率も下がり、在庫が増える。それを焼却処分すれば...



《視点》マジ・アツが継続を生む

2018/10/12

 無名アイドルはどうやってファンを広げているのか、という内容のセミナーが、なかなか示唆に富んでいた。 まずアイドルの立場を自分事としてとらえることが前提だが、アイドルを夢見る女の子は「本気」で願望し、そんな彼女をプ...



《視点》90年代の夢

2018/10/11

 91年の伝説的なテレビドラマ「東京ラブストーリー」が久々に再放送された。携帯電話を持っていない時代なので、会社に私用の電話がかかってきたり、会う約束をしてもすっぽかしや待ちぼうけがあったり…。アナログゆえのすれ違...



《視点》食欲の秋

2018/10/10

 記録と記憶に残るであろう出来事が多かった夏が終わり、秋がやってきた。秋だからというわけではないが、最近は飲食店の勢いを強く感じる。 休日を利用して、この間に開業した商業施設を訪れた。一つは「渋谷ストリーム」。衣料...



《視点》商機はスポーツ、高機能

2018/10/05

 9月26~28日に開かれた見本市「JFW-インターナショナル・ファッションフェアMAGIC・Japan」では、モードなウェアでも高機能素材を使ったものや、スポーツウェアでもファッション性を強く意識したものが目立っ...



《視点》共感販路

2018/10/04

 クラウドファンディングを活用して、こだわったジーンズが売れている。1万5500円と高額ながら発売当日の販売は23本と好調なスタートを切った。ストレッチ素材を用い、ウエストにインタックを入れシャーリングにしたテーパ...



《視点》持続可能な物作り

2018/10/03

 「中国の現地アパレルメーカーの素材発注動向がだんだん日本に似てきた」と、生地輸出を手掛けるテキスタイル企業。現地のEC向けアパレルを中心に、「素材や縫製などの生産コストの抑制や、時期を引き付けた素材発注が強まって...



Btn gotop