視点

《視点》メンテナンス需要

2018/06/22NEW!

 寝具業界はメンテナンス企画が定着しつつある。羽毛布団を中心に、購入後の寝具のアフターケアの一環として実施しているが、その背景にはいくつかの理由が考えられる。一つはメーカーや売り場の事情で、冬場や夏場を迎える前の季...

もっとみる


《視点》アパレルだけが知らない?

2018/06/21

 サステイナビリティー(持続可能性)の認証に関するセミナーに参加したときのこと。外資系素材メーカーから、「日本のアパレルメーカーは『SDGsとは何か』から説明しないといけない」という発言があった。 SDGsは15年...



《視点》人に任せる

2018/06/20

 「決断力と人に任せること」。ある経営者に「経営で最も大事なのは?」と質問した時に返ってきた答えだ。決断力は言うまでもないが、人に任せることの意味をさらに問うと「企業人で経営に携わることになった人間は、実績を残して...



《視点》求められる人材の変化

2018/06/19

 トップが代わり、時代に見合った変革を唱えて動き出したところ、「少なからぬ社員が会社を去っていった」というのは大手コンバーターの社長。コストの削減、ロスの排除、人手に替わる自動化への流れなどの動きは鮮明で、テキスタ...



Medium shutterstock 598000505

《視点》オムニな日々

2018/06/15

 出産後、ゆっくり店を回りながら買い物ができる機会など、ほぼ皆無となった。効率化しながら欲しいものをゲットするために頼るのはEC。しかし、色物やボトムに関しては、やはり店で実物を見たいし、試着したい。そんなわけで、...



Medium shutterstock 1109195714  2

《視点》子機という分業の要

2018/06/14

 尾州産地の物作りを支えている「子機(こばた)」の存在に黄信号がともっている。子機とは企画と販売を担う親機から委託されて製織事業を行う機業場を指す。産地の縮小で子機の収入源である加工賃は減少。子機は従業員だけでなく...



Medium shutterstock 510244081

《視点》本音論

2018/06/13

 「本音と建て前を使い分ける」とはよく言うが、最近はどうも建て前に重点が行き過ぎるあまり、事態の停滞や悪化を招く場面を、政治や学校経営に絡むニュースでよく見かける。危機管理という面では、建て前より本音が優先されるべ...



Medium %e6%a1%91%e6%b2%a2%e8%b3%9e

《視点》しゃれた学校といえば

2018/06/12

 ファッション専門学校の性格は千差万別だが、しゃれている学校といえば桑沢デザイン研究所ではないだろうか。先日開かれた桑沢賞の授賞式では、そのエンターテインメント力に時間を忘れてしまった。 凝ったデザインの表彰状は何...



Medium shutterstock 720928444

《視点》足袋からの転換

2018/06/08

 ジーンズや学生服、ユニフォームなどの産地として知られている岡山県倉敷市の児島。岡山県産業労働部産業振興課が3月に発行した「おかやまのせんい vol 3―特集『岡山県学生服製造100年』」によると、児島は明治から大...



Medium shutterstock 1084679555

《視点》スマホより短パンの買い替えが難しい

2018/06/07

 スマートフォンを替えた。使用2年を超え、鈍い動作に耐えつつ使っていたが、「不自由を感じたら即機種変更すべし」と痛感した。特に電池消耗を全く気にせずによくなり、雑念から解放され、安心を手に入れた。 ただ、生活インフ...



Btn gotop