視点

《視点》投機資金の流入

2019/01/18

 高付加価値で市場規模の小さい素材が、投機の対象となり、実需以外からの引き合いを受けて相場が高騰するケースが増えてきた。昨年5月に高騰した高級獣毛のカシミヤがその代表例だ。羽毛の最大産地である中国で環境規制によって...

もっとみる


《視点》効率化と多様性

2019/01/17

 デジタルとアナログは相反するものか。周りを見ればデジタルに疎いアナログ人間は多く、そういう人に、「最後はやっぱり人間だよ」とデジタルを否定するかのような発言が多いように思えるのは気のせいか。反対にデジタル好きとい...



《視点》理想のシルエット

2019/01/16

 京都服飾文化研究財団(KCI)を取材する機会があった。収蔵庫などを見せてもらったところ、その中に年代ごとにウエストやバストの位置など体形が全く異なるマネキンがあった。年代に合ったマネキンに着させないと服が美しく見...



《視点》専門性が武器になる

2019/01/11

 最近、〝専門〟を掲げる飲食店に行くことが増えた。例えば、肉屋直営の肉バルなら、目利きが厳選した良質な肉が手ごろな価格で食べられるし、パクチー専門店ならアレンジが多彩で楽しいから。一つの食材や料理に特化した飲食店は...



《視点》SNSだけじゃない

2019/01/10

 4歳になった娘が時々ままごとをするように一人遊びをする。そっとしておくのもいいと聞いたので、黙って見ていると、様々な登場人物のいる架空世界を楽しんでいた。 そんな折、「チャンネル登録よろしくね」という言葉を使った...



《視点》服の可能性

2019/01/09

 この間、30代を中心対象としたレディスアパレルメーカーを取材するなかで「気分が高揚する服」という言葉をよく聞く。「オフィススタイルがより自由になり、好きな服を着られる機会が増えた。女性が自分らしく働けるように、少...



《視点》温故知新

2019/01/08

 繊研新聞では今年の元日号の巻頭企画として、「平成はファッションビジネスをどう変えたか」をテーマとした。 この企画は、単に歴史として30年間を振り返るだけでなく、平成時代に起こった変化、成長した企業や商品、仕組みな...



《視点》幅広く

2019/01/04

 ダイヤモンド、ひと粒1カラットで1億円超え。ハイエンド向けの宝飾品マーケットでは昨年、そんな商品の動きが良かったと聞く。ピンクダイヤモンドなど、希少なカラーダイヤモンドを中心とした品で、近年は投資目的も兼ねて売買...



《視点》もったいない

2018/12/28

 掛け布団がだいぶくたびれてきたので、久々に寝具売り場を回ってみた。なぜか、量販店の寝具売り場にあったのは、中わたが羽毛やポリエステルのものが多く、ウールの掛け布団も一部あった。一方、街中の小さな寝具店には綿のもの...



《視点》緩和策

2018/12/27

 19年10月に実施される消費増税にあたり、消費者は覚えておかなければいけないことがたくさんある。 プレミアム商品券を手に入れられるかどうかは子供の年齢なのですぐ分かるが、「新聞はいいな」という声も聞こえてくるよう...



Btn gotop