め・て・みみ

《めてみみ》それでも前を向く

2021/01/21NEW!

 ビークデザインの浅野諭史社長は、タイ・チェンマイで帽子を製造・販売している。立ち上げたのは10年前。夫婦でデザインする帽子を自社工場で作り、直営店を出すなどタイ国内で拡大してきた。 昨年末、新年特別号用にウェブで...

もっとみる


《めてみみ》豊かさの一方で

2021/01/20

 中国の20年GDP(国内総生産)は前年比2.3%増だった。コロナ禍からいち早く経済が回復軌道に乗ったことが数字の上でも明らかになった。GDPは第2四半期から増加に転じた。消費の状況を示す社会消費品小売総額は8月か...



《めてみみ》本末転倒

2021/01/19

 百貨店各社は1月7日に1都3県、13日に7府県の店舗の営業時間の短縮を発表した。レストランフロアを含めて閉店を午後8時までに繰り上げた。すでに多くの店舗は物販の時短営業を実施しているとはいえ、顧客の外出自粛の広が...



《めてみみ》勤務地での春節

2021/01/18

 中国では2月11日からの春節(中華圏の旧正月)休暇を前に、新型コロナウイルスの感染が拡大している。帰省のための大移動=春運が制限されるのを見越し、1月中旬に前倒しする動きの一方で、勤務地に残るよう促す地域も多い。...



《めてみみ》季節を愛(め)でる

2021/01/15

 正月明けの1月7日には七草粥(がゆ)を食べる風習がある。地域によっては小正月と呼ばれる今日、食べるところもあるようだ。1年の豊作と無病息災を願う行事だけに、今年は例年に比べて食べた人も多かったであろう。日本人は季...



《めてみみ》スピードの重要性

2021/01/14

 商社のファッション向けの製品OEM(相手先ブランドによる生産)や糸、生地販売が振るわない。巣ごもりニーズに対応した売れ筋もあるが中・軽衣料中心で、アウターやビジネス用途の落ち込みをカバーできていない。そこに緊急事...



《めてみみ》氷点下の上海

2021/01/13

 年末年始の上海市は最高気温が氷点下の日が続いた。天気予報によれば90年ぶりの低温だったようだ。それでも子供は元気なもので、近所の公園では池に張った、厚さ1センチ以上もある氷を取り出して投げて遊んでいた。ただ、私が...



《めてみみ》ジェンダーに立ち向かう

2021/01/12

 型紙は一つだけでサイズも同じなのに、身長が異なる男性でも女性でも着られる服を作った愛知県岡崎市のアバンダンティズム。サステイナブル(持続可能)なファッションを追い求めるなかで生まれた。在庫生地を仕入れて作る服は、...



《めてみみ》希望を届ける

2021/01/08

 例年であれば、この時期はすでに欧州へと旅立っている。しかし、メンズコレクションのスケジュールが大きく変わり、何十年ぶりかの日本での年初となった。 1月の恒例行事はメンズインポート市場の今後を占うピッティ・イマージ...



《めてみみ》新常識を作る

2021/01/07

 少し不便を感じた正月だった。元日、近所のスーパーに行くと閉まっており、3日まで休む小売店も結構あった。しかし不満はない。こういう環境下だからこそ休めるし、感染のリスクと向き合い続ける従業員がせめて正月はゆっくり休...



Btn gotop