豊島「アップドリフト」 漂着ペットボトルを再生

2021/05/21 06:27 更新


Medium 2d80724a d17d 4add a22b 6c524cfb7865
地域で活動する団体や自治体、企業と連動して行うビーチクリーンアップ活動

 豊島は、漂着ペットボトルなどをリサイクルした繊維「アップドリフト」の展開をスタートした。深刻化する海洋プラスチック問題などに対応するもので、同社が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みの一環。

【関連記事】豊島 独リードスポーツに出資 スポーツ・健康分野の事業推進

 原料となるのは海や川、森に廃棄された漂着ペットボトル。地域で活動する団体及び地方自治体、企業と連携して行うクリーンアップ活動で回収したものを活用する。回収したペットボトルなどを分別・粉砕してフレークにした後、洗浄して糸の原料となるペレットにする。

 第1弾として、シチズン時計が販売するサステイナブル(持続可能)なウォッチブランド「シチズンエル」のバンドでアップドリフトの採用が決まっている。

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop