ザ・ノース・フェイス×ハイク 初のメンズライン

2019/01/11 06:29 更新


Medium %e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%af%ef%bc%91

 ゴールドウインは、「ザ・ノース・フェイス」とファッションブランド「ハイク」との協業第3弾となる19年春夏コレクションで、初のメンズラインを導入した。2月6日から、一部店舗で先行販売を始め、13日からは店舗を広げて販売を始める。また、人気テント「ジオドーム」のハイクとの協業限定モデルも売り出す。

【関連記事】「ザ・ノース・フェイス」強さの秘密㊤

 「ザ・ノース・フェイス×ハイク」は18年春夏シーズンから展開を始めたコレクション。3シーズン目を迎えた今回は、薄いベージュをキーカラーに設定。初めてメンズ商品を加えたほか、キャップ、アームカバー、ニットスニーカーなど小物類も拡充した。ウィメンズ14型、メンズ12型を揃えた。

 テントの協業モデルは「ジオドーム4SE(ザ・ノース・フェイス×ハイクスペシャルエディション)」。フライシート(防水シート)を、19年春夏のキーカラーで仕上げた。22万円。

テントでの協業モデル
19年春夏コレクションの代表商品

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop