ああ、大阪万博(古川富雄)

2013/12/18 11:51 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901

今年も残り少なくなりましたね。歳をとると、昔のことが妙に懐かしくなったりするものです。先日の取材では、万博の話題で盛り上がりました。




54歳の私にとって、万博といえばEXPO70 大阪万博です。小学5年生、もう40年以上前のことですが、鮮明に覚えています。

火山活動を映像でリアルに表現した「三菱未来館」、人間洗濯機(本当に人間が洗濯機に入る)の「三洋館」、月の石が見たかったけど行列が長すぎてあきらめた「アメリカ館」、クレーンのような形の「オーストラリア館」、館そのものが大きな照明になっていて綺麗な「スイス館」、えっという映像の「オランダ館」など。三洋館でもらった鯉のぼりのバッチは、今も私の宝物です。

 


 

大阪万博のシンボル、太陽の塔も最近話題になりました。中央表が現在の太陽、頂上部が未来の太陽、そして裏が「黒い太陽」と言われる過去の太陽、というのは有名な話です。

万博の時は中も見られたのですが、今は入れません。私もはっきり覚えていませんが、中には生命の樹があります。危険を取り除いて、公開しようという動きになっています。

 


 

あのころの日本は、新幹線開通、東京オリンピック、そして大阪万博と、日本が発展すること、生活が豊かになること(一方できしみも、いろいろあったが)が目に見えました。もう一度あのころのようにと単純には思いませんが、ある種の熱気がうずまくような世の中に戻りたい気はします。



古川富雄 大阪支社編集部長が、関西のファッションビジネス情報の周辺、裏を紹介

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop