ECサイト運営への関心 30代女性が最多

2021/07/19 06:28 更新


Medium %ef%bc%a5c%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a6%e3%82%99%e9%96%a2%e5%bf%83%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e6%96%b9%e6%b3%95

 ショッピファイジャパンの調査によると、ECサイト運営に関心がある人は全体の62.6%を占めた。30代女性が最も興味を示しており、37%が「自分でもECサイト運営をやってみたい」と回答。次いで20代女性が32%となった。

 販売したい商品は、1位「雑貨」、2位「服」、3位「地方の特産品」。雑貨を出品したいと答えたのは20代女性が56%と最多で、地方の特産品は20代男性が23.2%と多かった。販売対象は1位が「地方在住者」(61%)、2位「首都圏在住者」(55.6%)、3位「日本国内の近所の在住者」(25%)。海外販売は7%と少なかった。

 販売方法はドロップシッピング(自分で商品在庫を持たずに販売し、商品はメーカーや卸売業者から購入者に直接発送される仕組み)が1位。副業を考えている人が一番興味を持っている手法がドロップシッピングなのに対し、独立や起業に興味がある人はオリジナル商品の販売を希望した。

■働き方の変化と課題、パラレルワークの可能性に関する調査 20~50代の働いている男女1000人が対象


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop