エース「プロテカ」 キャスター、内装に抗菌加工

2020/01/16 10:58 更新


Medium %e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%ab%e6%8a%97%e8%8f%8c

 エースの日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」は22日、抗菌・抗ウイルス性能キャスターや抗菌防臭の内装生地を採用した純白スーツケース「360Tホワイトエディション」を、直営店、公式オンラインストア、主要百貨店・専門店で発売する。

【関連記事】エース 老舗革かばんの大峡製鞄を子会社化

 スーツケースが潜在的に抱えている衛生面での不安を軽減する。日本の住環境は玄関で靴を脱ぐため、スーツケースを部屋に入れる際に、キャスターの衛生面を気にする人が多い。内装生地は取り外して洗濯できないため、臭気のこもりや収納場所によってはカビが発生する恐れがある。

 そこで、抗菌・抗ウイルス機能のある樹脂を使った新開発キャスター「バーテクトキャスター」を初めて採用した。直接地面に触れるキャスターの衛生面に対する不安を軽減する。内装生地には抗菌性脳と防臭効果を発揮する銅合金糸で縫った「カッパーストッパージャカード」素材を使い、臭いの発生を防ぐ防臭加工に加えて、収納時のカビ菌の増殖も抑える。

衛生面の不安を軽減する

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop