16~17年秋冬パリ・コレIII

2016/03/08 06:13 更新


Medium loewe fw16 0011

 【パリ=小笠原拓郎、青木規子】16~17年秋冬パリ・コレクションには、パリらしいハンドクラフトの技術を散りばめたコレクションが広がっている。折り紙のような布使いや上質なレザー、象眼細工のファーなど、それぞれのメゾンの持ち味を生かしたアイテムが登場している。


軽やかに大人の女性を描く/ロエベ

loewe_fw16_0011loewe_fw16_0286loewe_fw16_0429

 ロエベがアートの要素をちりばめながら、しっとりと大人のエレガンスを見せた。縦長のフォルムをベースにしながら、ハンカチーフヘムなど動きのある裾を生かしたコレクション。プリーツスカートやドレスのヘムは鋭角にカットされ、そこにコルセットのようなレザーパーツや猫のオブジェのネックレスを組み合わせる。

 ボトムの動きとかっちりとしたレザー、プリミティブな要素もあるアクセサリーが、シンプルな中に落ち着きとゆとりのある遊びを感じさせる。シルバーのアクセサリーパーツをネックラインのシャーリングにはめ込んで、そこから縦にドレープを流したコットンドレスもナチュラルな気分。

 ジャージーのベストを重ねたように見えるトロンプルイユのドレス、モヘアのグラフィカルチェックのセーターも、重ね着に見えてラウンドカラーのドレスとくっついている。工業用ゴムをつなげて作ったスカートやファーのグラフィカルチェックコートなど、ロエベらしいクラフトマンシップで作るアイテムももちろんある。

 しかし、ことさら手仕事を見せつけるのではなく、さらりと軽く仕上がった抜け感がいい。


自由で解放的なフラワードレス/コムデギャルソン

Comme+Des+Garcons_aw16_0084
 コムデギャルソンは花いっぱいのコレクションを見せた。花のジャカードやフラワープリントの生地をつなげ束ねて、造形的なフォルムを作る。ここ数シーズンの、服の概念を押し広げていくかのようなコレクションの延長線上にあると見ることもできる。

 しかし、これまでとの違いは、シリアスな重々しさが薄れ、自由で解放的な気分が漂っていることだ。花柄を重ねたドレスは、ヒップにパニエを入れたかのように膨らみ、大きなビニールタッチのジャケットには甲冑(かっちゅう)のようなグローブやパンツがつり下げられて揺れる。プリントやジャカードの花だけではない。

 フェイクレザーとフェイクファーで作った大きくて真っ赤な花が、体を包み込み咲き乱れる。エナメルタッチのピンクのジャケットには筒状に重ねられたピンクの布が大きなケープのように広がった。テーマは「18世紀のパンク」、クラシカルなパニエや甲冑といったスタイルから解き放たれた、自由な精神にあふれたコレクション。

続きは繊研新聞で


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop