視点

《視点》アートと商業デザイン

2021/09/03

 東レと多摩美術大学のワークショップが面白かった。題材は人工皮革「ウルトラスエード」。素材の可能性を探るべく、学生有志らが実験のように様々な加工を試しながら作品を制作し、その成果とプロセスを発表した。 ゆっくりアー...

もっとみる


《視点》暮らしの服

2021/09/02

 百貨店のリビングフロアで服の品揃えが拡大している。以前から部屋着の売り場は配置されていたが、ここ数年、暮らしをベースにした提案がアパレルでも注目され、昨年からのコロナ禍で〝おうち時間〟の楽しみ方がテーマとなり、リ...



《視点》和装の海外縫製の危機

2021/09/01

 きものの縫製やアフターケアを担う加工業はコロナ禍により、経営上の重大な局面を迎えている。縫製主力の企業は小売店で新反が購入されて初めて加工を受注し売り上げがつくれる。しかし、緊急事態宣言以降は店が開けられない期間...



《視点》消費者の利便性と従業員の負担

2021/08/31

 アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊さんが自身のブログに掲載していた「スターバックスの第3四半期(4~6月)の客単価が過去最大となった」という記事が興味深かった。 客単価の上昇要因は、猛暑で高単価商材の冷たい飲...



《視点》情報を立体的に

2021/08/27

 ネットで、ドラム式洗濯機を買った。私が気になっていた機種と比べ、家人は大きめサイズを希望。ドラム式によくあるトラブルとして、届いてみたら大きすぎて洗面所に入らないという事例をネットで見かけていたので、家人もサイズ...



《視点》人が動く理由

2021/08/26

 新型コロナウイルス感染症との戦いを強いられる生活となって感じるのは、人によって感染予防に対する意識の差が大きいということだ。マスクの付け方や食事の仕方、他者との距離の取り方、電車など公共交通機関でのふるまい方など...



《視点》ビジネス街からボードカルチャー

2021/08/24

 「コロナ禍のなかで、世界中で販売が急拡大して、とにかく在庫が無いッス」とは東京・日本橋室町のビジネス街にほど近いスケートボードショップのオーナー。世界的にリモートワークが定着するなかで「地面があればどこでも、すぐ...



《視点》賃金アップは残念?

2021/08/20

 全国の最低賃金が今秋から平均28円引き上げられることになった。主に地方の県でこれまで790円台が複数あったが、今回の引き上げで全ての都道府県が820円を上回ることになり、全国最高の東京が1041円、最低の沖縄が8...



《視点》スポーツの影響力

2021/08/19

 東京五輪が閉幕した。コロナ下での開催だったため否定的な意見もあったが、世界屈指のアスリートが国を背負って戦う姿には心を打たれた。 印象的だったのは若い世代の活躍が目立った新種目のスケートボード。女子ストリート、パ...



《視点》マイナー競技の解説者

2021/08/18

 オリンピックが終了した。コロナ禍での開催など色々と思うところはあるものの、ひとまず大きな混乱がなかったことに胸をなでおろした。個人的にオリンピックは、メディアに出てくる機会の少ないマイナー競技をじっくり見られる点...



Btn gotop