SUNSPEL


概要

サンスペル(SUNSPEL)は、イギリスで最も歴史のある高級アンダーウェア・カジュアルベーシックウェアのブランド。アンダーウェアからスタートし、現在では上質な日常着のブランドへと認知されている。

Tシャツを世界で初めて展開したブランドとして知られており、現在もイギリス内に自社工場を保有し、縫製はもちろん、素材開発も自社で手がけている。長くしなやかな繊維ときめ細かくシルクのような光沢、柔らかな風合いで知られるシーアイランドコットンなどの高級素材を用いたアイテムは、イギリスだけでなく日本でも人気が高い。

2016年の全世界での売上高は1590万ポンド。メンズを強みとしているが、売り上げのうちレディスも30%を占めている。

日本ではセレクトショップや百貨店で販売され、高級ブランドしてイメージが浸透。2005年前後には世界での売り上げの半分を日本が占めた。現在、日本での事業運営は、TSIホールディングス傘下のアングローバルが担っている。アングローバルは2015年、サンスペル社との間で、輸入、卸、小売り(EC含む)およびライセンスの独占契約を締結。表参道の路面店のほか、百貨店や有力商業施設でのインショップを運営している。

歴史

サンスペル(SUNSPEL)の発祥は、1860年に実業家のトーマス・ヒルがイギリス中部ノッティンガムで工場をオープンしたこと。繊細なコットンを用いた軽くソフトなウェアを生産し、高級アンダーウェア開発のパイオニアとなった。20世紀の初頭には、西インド諸島産のシーアイランドコットンを使用したアイテムの展開をスタート。1929年の世界大恐慌で事業を縮小したが、1937年に今も工場を構える隣町のロングイートンに移転した。

1947年にはアメリカで誕生したボクサーショーツをイギリスにも展開し、デザインを改良した。そこで生まれた、ヒップが一枚布になったスタイルは今でも受け継がれている。1985年にはリーバイス501のCMでサンスペルのボクサーショーツが使用され、男性のインナーがブリーフからボクサーショーツに移行する動きに一役買った。

その後は低迷を余儀なくされた時代もあったが、2010年に駆け出しの新人デザイナーだったジェイ・ダブリュー・アンダーソン(JW ANDERSON)のジョナサン・アンダーソンをクリエイティブディレクターに起用し、現在の基盤を築いた。

ジョナサン・アンダーソンは、サンスペルのデザインやイメージ作りを熱心に行い、2013年秋に自身のブランドがLVMHの傘下に入り、ロエベのクリエイティブディレクターに就任するまでクリエイティブ面の指揮を執った。

(2019年3月現在)

SUNSPELのブランド情報

カテゴリー総合
イギリス
URLhttps://www.sunspel.jp/

SUNSPELに関連する記事

《有力ショップの24~25年秋冬スタイリング提案》メンズカジュアル 90年代ストリートを現代のバランス感で

2024/06/17

 メンズ有力専門店の24~25年秋冬のカジュアルは、90年代の東京のストリートスタイルを現代風にアレンジした着こなしが増えそうだ。春夏まで多く見られたテック系素材を使ったウインドブレーカーやマウンテンパーカではなく...



英「サンスペル」、伊勢丹新宿本店メンズ館の催事が順調 来年末には直営店も

2023/11/10

 英サンスペルが今春から日本向けのビジネスを再スタートした「サンスペル」が順調に売れている。本国が運営するECと卸売りは計画を上回って推移。11月1日から14日までは、伊勢丹新宿本店のメンズ館で催事販売を開催し、一...



「無印良品のようなブランドを目指したい」 中国の都市生活者が支持する「ヴィンテージ&リパブリック」とは?

2023/08/10

 昔の良き風合い、味わい、スローライフ的な生き方を中国の若い世代が望むようになっている。国棉壹廠(上海)の「ヴィンテージ&リパブリック」は、希少な米トンプキン編み機で編む生地を使ったTシャツを主なアイテムに、米レト...



《トップに聞く》英サンスペルCEO ニコラス・ブルック氏 今春夏から日本市場で再出発

2023/05/31

 1860年創業の英サンスペルは昨年夏、100%出資でサンスペルジャパンを設立し、今年3月から日本のビジネスを再スタートした。ロングイートンにある本社の自社工場では、肌触りの滑らかなクラシックTシャツを生産し続ける...



英「サンスペル」23年秋冬 柔らかでコントラストの利いた配色のセーター

2023/04/13

 英国の「サンスペル」は23年秋冬向けで、英国のコンテンポラリーアーティスト、アンナ・マックの作品のカラーパレットを反映し、柔らかでコントラストの利いた配色のワードローブを揃えた。 滑らかで肌触りの心地良いコットン...



《人事・機構》アングローバル(3月1日)

2019/02/19

 アングローバル(3月1日)イレーヴ事業部管掌(マーガレット・ハウエル事業部長)専務取締役マーガレット・ハウエル・欧州・生産統括留岡和則▽オンライン事業部・新規事業統括兼マーケティング部長兼ジーエルオー事業部長(マ...



アングローバル 表参道に「ザ・ライブラリー」オープン

2018/09/11

 アングローバルは自社ブランドを軸に編集した業態「ザ・ライブラリー」を8日、東京・表参道に出した。3月に東京・自由が丘にオープン以来、都内では2店目、全国では5店目。【関連記事】アングローバル、編集型の新業態「ザ・...



アングローバル、編集型の新業態「ザ・ライブラリー」

2018/03/06

 アングローバルは自社ブランドを軸に編集した新業態「ザ・ライブラリー」を開発した。今春は「マーガレット・ハウエル」のショップからの業態転換として出店し、2日に京都バル店、3日に東京・自由が丘店をオープンした。10日...



18春夏ロンドンコレ ジャーミンstで路上ショー

2017/06/16

 老舗メンズ店が軒を連ねるジャーミンストリートでは、路上にショー会場をしつらえ、この通りを中心としたセントジェームズ地区に店を構えるブランドの合同ショーが開催された。毎年春夏シーズンに開催され、今回が3回目。 シー...



服がキャラクターを語る•シネマ編(宇佐美浩子)

2016/11/09

「その服を選び、着る人はドンナ(=イタリア女性ではありません!笑)人だろう?」と、思うことはありませんか?「服装は人となりを表すものだから…」と、繰り返し親や教師から伝授された言葉がシッカリと、脳内のどこかに組み込...



アングローバル、サンスペル直営店開設

2015/11/25

 アングローバルは来春、英「サンスペル」の直営店を2店開設する。立地は銀座と表参道を予定しており、同ブランドとして日本初の直営店となる。同社は5年後に6店にする計画で、卸、ECとともに直営店事業を強化することで、サ...