ジムフレックス


概要

ジムフレックス(Gymphlex)は、体育用のショーツの生産から始まったイギリスのカジュアルブランド。シンボルマークは、鷲の翼と上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物グリフィンで、そのワンポイント刺繍をあしらったアイテムが広く知られている。

ブランド名は、体育を表す「GYMNASTIC」と、体をほぐす等の意味を持つ「FLEX」から由来している。

イギリスでは、ラグビーのナショナルチームやチャールズ皇太子が所属していたポロクラブのユニフォーム、名門プレップスクールの体操着としても採用されるなどポピュラーなブランドとなっている。

定番のボタンダウンシャツをはじめ、上品なカジュアルウェアを提案している。

日本ではボーイズが総代理店として展開し、ビショップなどの有力セレクトショップを中心に販売されている。日本でジムフレックスが有名になったのは、両面編みのコットンを用いたカットソー。その他にも半袖の丸首Tシャツやラグビーシャツ、ポロシャツなど幅広いアイテムが展開されている。

歴史

ジムフレックス(Gymphlex)の誕生は1936年。イギリス中部のレスターで国軍向け体育ショーツの生産を始めたのがきっかけ。1900年代半ばのイギリスでは国民兵役が義務であり、政府が運動を積極的に推奨していたこともあり、学校では体育が最重要科目として位置付けられていた。その当時からジムフレックスも学校への体育着の販売をスタートし、体育の場で欠かせないブランドとなった。

1960年代には販路をスポーツショップや百貨店まで広げ、ブランドとしての地位を確固たるものにした。

1990年にはボーイズによる日本での販売が開始。2013年春夏からは、ジムフレックスが得意とするスポーツウェアをベースにデイリーに着用できるデザインを重視した「ロッカールーム(LOCKER ROOM)」シリーズの展開をスタートした。

(2019年3月現在)

ジムフレックスのブランド情報

カテゴリー総合
イギリス
URLhttp://gymphlex.jp/

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

ジムフレックスに関連する記事

Medium 2010 %e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e5%b2%b8%e5%92%8c%e7%94%b0%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%b3  1

南大阪のセレクト店「ワークス」 “良い商品と接客”で伸ばす

2020/11/04

 メンズ・レディスセレクト店のワークス(大阪府岸和田市、松下章人社長)が売り上げを伸ばしている。大阪府南部のSC内で5店運営しており、郊外型SCではあまり見かけない高感度ブランドを「接客第一」の店舗運営で、顧客を広...



Btn gotop