Lee


概要

リー(Lee)は、1911年頃に誕生したアメリカの老舗ジーンズブランド。ブランドの拠点となったカンザス州で、牧畜や農業が盛んな土地柄を生かし、ワークウェアの製造を始めたことがはじまり。

日本では、1972年から繊維専門商社の堀越商会が販売を開始。1983年からはリー・ジャパンが運営を行っている。リー・ジャパンが1986年にエドウインの子会社となったことで、輸入、販売に加え、Leeブランドの日本国内での生産を開始した。

歴史

1889年にヘンリー・デヴィッド・リー氏が食品と生活雑貨の卸商であるエイチ・ディー・リー・カンパニーを設立し、オーバーオールなどのワークウェア(作業着)の仕入れを開始した。のちの1911年に自社工場で本格的な製造を始めたことから、ジーンズブランド「Lee」が誕生した。第一次世界大戦では、米軍のオフィシャルユニフォームに採用され、アメリカを代表するワークウェアブランドへと発展した。

1924年には、「カウボーイパンツ」と呼ばれる5ポケットジーンズを発売し、今でもLeeの定番アイテムとなっている「101」シリーズのルーツとなった。のちにこの品番は、アメリカ人俳優のジェームス・ディーンが公私ともに愛用したことで認知度を高めた。

1949年には、レディス向けライン「レディ・リー・ライダース(Lady Lee RIDERS)」をスタートした。

日本上陸は1972年。現在は、2019年4月に開設された原宿の旗艦店を中心に、国内で18の直営店を展開している。

(2019年6月現在)

Leeのブランド情報

カテゴリージーンズ
アメリカ
URLhttps://lee-japan.jp/shop/default.aspx

Leeに関連する記事

24年秋冬レディスブーツ すっきりした輪郭、ディテールに明確な個性

2024/07/19

 国内外のレディスシューズの24年秋冬向けは、すっきりした輪郭でディテールには明確な個性を出したブーツが目を引いた。メンズライクな厚底のブーツは落ち着き、女性らしいシルエットを強調する傾向だ。(須田渉美) ベーシッ...



韓国メンズファッションに革靴文化が普及 注目はソウルの「ユニペア」

2024/07/19

 近年、韓国のファッションブランドは大きく変化し、日本市場に新しい風を吹かせている。かつての、東大門や南大門の市場で見られるような〝市場ファッション〟や派手なブランドロゴのイメージは一新され、ニッチなファッションブ...



《ジーンズカジュアル定店観測7月》どんな夏用パンツが動いた?

2024/07/19

 ジーンズカジュアル専門店の7月14日の定店観測は、連休の中日ということもあり、国内客の買い上げが目立つ店もあった。トップは引き続きTシャツが中心で、従来とは違う素材の訴求に手応えを見せるところもある。ボトムは気温...



《プラグマガジン編集長のLOCAL TRIBE》岡山発デニムスーツの現在地

2024/07/19

 ファッションジャーナリストの評論やハイブランドのコレクションをチェックしていると、世界的なクラシック回帰の流れを感じる現在。一方、国内ではビンテージのデニムアイテムやTシャツの高騰がしばしば話題になっています。今...



コート主力の「ヘルノ」 24年秋冬はバッグ推し

2024/07/19

 コートを主力商品とする「ヘルノ」が、そのほかのアイテムにも力を入れ始めた。バッグやシューズ、水着など、スタイリングやシーンに必要なアイテムを次々と提案している。オーセンティックな存在だったブランドが進化し、次のス...



ユナイテッドアローズ 長く着られる手仕事の服「フィータ」、秋冬からメンズスタート

2024/07/19

 ユナイテッドアローズの「フィータ」は24年秋冬、メンズをスタートする。ピンタックや刺し子を施したシャツや、手紡ぎの糸を手織りしたデニムを使ったセットアップなどを企画した。【関連記事】「シー・ユナイテッドアローズ」...



23年のキャンプ市場、縮小も19年上回る ソロ比率上昇で人口減

2024/07/19

 市場規模は前年比15.3%縮小も19年は上回り、年間キャンプ回数は過去最多に――日本オートキャンプ協会(JAC、明瀬一裕会長)が7月11日に発表した「オートキャンプ白書」によると、23年のキャンプ用品市場規模は8...



ジュン「サロン・アダム・エ・ロペ」 リブランディングで売り上げ伸ばす

2024/07/19

 ジュンの「サロン・アダム・エ・ロペ」が好調だ。22年の秋物から、ファッションを軸に「大人の女性が着用する服」としてリブランディングし、売り上げを大幅に伸ばしている。事業部の体制や店作り、付加価値を追求した商品開発...



丸ビル・新丸ビルの商業ゾーン、大型改装効果が続く 食や生活雑貨を中心に客層拡大

2024/07/19

 三菱地所の東京・丸の内の大型複合施設、丸ビルと新丸ビルの商業ゾーンは22年9月からの大型改装効果で、食や生活雑貨を中心に若い女性やファミリーなど新しい来街者の需要を獲得し、売り上げがコロナ禍前を上回っている。24...



「フリークスストア」 若い女性向けのイベントに力 韓国人気シューズをピックアップ

2024/07/19

 デイトナ・インターナショナルの「フリークスストア」は、若年層の女性向けイベントに力を入れている。女子限定イベント「ガール・ミーツ・フリークス」を開催しており、その一環で東京・渋谷店に併設するギャラリーで、シューズ...



OPA「ワカ研」 Z世代が集めるZ世代情報で変える 内外に発信、活性化の精度向上

2024/07/19

 Z世代による、Z世代の情報を収集・発信するチーム、OPAの若者トレンド研究会(ワカ研)の取り組みが館やその運営を変えようとしている。館の動向に寄与 金沢フォーラス3階に23年12月オープンしたカフェ「モノクロチャ...



ニッケ、安定供給へ設備強化 学生服の多様化に対応

2024/07/19

 ニッケは学生服向け素材の安定供給を続けるため、設備投資を強化している。国内の繊維産地では各種コスト高や人手不足、後継者難といった課題が重くのしかかり、サプライチェーンが揺らいでいる。学生服では、モデルチェンジ(M...