LONGCHAMP


概要

ロンシャン(LONGCHAMP)は、1948年にフランス・パリで誕生したレザーを主力とする老舗バッグブランド。2018年で創業70周年を迎えた。

手頃な値段感に加え、丈夫で上質なデザインであることから世界中で多くのファンを獲得している。

現在、世界では1800店以上、日本では、東京・神宮前の表参道沿いの旗艦店を中心に50以上の直営店を展開している。1982年からロンシャン・ジャパンが日本でのブランド運営を行っている。

歴史

ロンシャン(LONGCHAMP)は1948年にフランス・パリ、パイプをはじめとする革製喫煙用品製造販売会社からスタートした。日本では1960年代から販売がスタート。

ロンシャンを創業者したのはジャン・キャスグラン氏。創業当時は革張りパイプを主力製品と主力に展開し、そこからメンズレザーグッズ、1980年代初頭からはレディスバッグまで広げ、シューズ、ウエアまで商品を拡大させた。

フランスのロンシャン社は、息子のフィリップ氏の世代を経て、現在はフィリップ氏の長男であるジャン氏がCEOを務めており、70年以上に渡って、キャスグラン家が運営している。

ロンシャンのブランドアイコンとなっているのが、コンパクトに折りたたむことができるナイロンバッグの「ル・プリアージュ(LE PLIAGE)」。ブランド力だけでなく値頃感、軽さなど高い日常機能に加え、豊富なカラー展開と自分仕様にカスタマイズが可能でバリエーションが豊富なのが特徴。グラフィックデザイナーやアーティストとのコラボレーションも積極的行い、レザーのタイプやバックパックなどシリーズ展開している。

2018年にブランド創業70周年を迎え、さらなる認知向上に向けイメージ戦略を強化。レディ・ツー・ウェア(既製服)にも取り組み、2019年春夏ニューヨーク・コレクションでブランド初のショーを開催した。

(2019年3月現在)

LONGCHAMPのブランド情報

カテゴリー鞄・バッグ
フランス
URLhttps://jp.longchamp.com/

LONGCHAMPに関連する記事

クリエイタージュエリー24年 ゆがみ、不規則の美しさで変化

2024/05/24

 クリエイタージュエリー・アクセサリーは、ミニマルなデザインのメタルジュエリーのトレンドが継続している。そんな中で増えているのが、不規則な動きやゆがみを加えて変化を出したデザイン。フォルムはシャープでも、コンセプト...



ロンシャン・ジャパン ストーリーを共有 商品を置かないイベントのわけ

2024/03/25

 ロンシャン・ジャパンは、インフルエンサーを招いた「ロンシャン」のパーティーを2月に東京日仏学院で開いた。そこに商品は一つもない。24年春夏のテーマを「感覚的に体験する」空間だ。テーマは「ロンシャン・ユニバーシティ...



ロンシャン・ジャパン、2期連続売上高を更新 レザー商品がヒット

2024/03/15

 ロンシャン・ジャパンは、過去最高だった22年度の売上高を23年度も更新した。竹原誠社長が就任した18年度比で1.8倍。成長の理由は、強みであるレザー商品の拡大と「『ロンシャン』とは」を語る様々なPR活動にある。 ...



インポートバッグ24年春夏 ミニのマチあり、種類豊富に

2023/12/25

 モデレートゾーンのインポートバッグは24年春夏、実用的で使いやすく、コーディネートのポイントになるような華やかなデザインが増える。特に目立つのは、小ぶりなサイズ感のまま、マチをしっかり付けたタイプだ。形こそシンプ...



ロンシャン メゾン原点の競馬場で記念パーティーを開催

2023/09/22

 【パリ=松井孝予通信員】仏メゾン「ロンシャン」がその社名の由来の地、ロンシャン競馬場で23年秋冬コレクション「アット・ザ・レース」のローンチを記念するイブニングパーティーを開いた。初代の孫にあたるクリエイティブデ...



《23~24年秋冬ブランド別注目雑貨㊦》キーワードはパンクや工芸

2023/05/02

 23~24年秋冬の雑貨は、ブランドの伝統や定番を軸にしながら、アクセントとなる要素をプラスするのが特徴だ。アイコンバッグやシューズをスタッズやタータンチェックでパンキッシュに仕上げたり、工芸品のような手仕事をプラ...



《FB景況・消費見通しアンケート》3分の2が賃上げ実施 ベースアップ実施は4割

2023/04/25

 岸田首相が1月、コロナ前の水準に業績が回復した企業は3%を超える賃上げを実施するよう経済界に協力を求め、それに応えるように経団連も賃上げに前向きな基本方針を掲げたことで、賃上げの機運が高まった。今回の「ファッショ...



創業75周年の「ロンシャン」23年秋冬 原点に返る「日曜日の競馬場」

2023/04/03

 仏「ロンシャン」は23年秋冬コレクションをパリ本社で発表した。まるで広大な緑の競馬場へ導くような演出で見せた。ジャン・キャスグランが革製品のメゾン、ロンシャンを創業したのは1948年のこと。今年で創業75周年とな...



ロンシャン・ジャパン 戦略見直し、ブランドファン獲得 販売員は学び直しで接客力アップ

2023/02/27

 ロンシャン・ジャパンは、22年度の売上高が過去最高となった。22年に発売したバッグ「エピュレ」の人気に加え、日本でのイメージ戦略の見直しがブランド本来の価値に共感するファンを広げた。コロナ下の逆風を追い風に変え、...



《FB景況・消費見通しアンケート》進む男女格差の改善 女性管理職登用は二極化

2023/02/10

 女性活躍推進法が22年7月に改正され、雇用規模によっては「男女の賃金の差異」の公表、一般事業主行動計画の策定・届出と情報公開が義務化された。各社対応を迫られたなか、今回の調査では8割近くの企業が対応を済ませていた...



【記者の目】バッグに求める基準が変化 今春夏は実用的な使い心地が鍵

2023/01/16

 ここ数年、バッグのトレンドをけん引しているミニバッグ。アクセサリー感覚で楽に持てると人気を集め、ミニバッグに貴重品を、トートバッグにその他の必需品を入れて持ち歩く2個持ちスタイルもすっかり定着した。しかし、ミニバ...



インポートバッグ23年春夏 今欲しいのは「ミニ過ぎない」ミニバッグ

2022/12/19

 トレンドのミニバッグが一回り大きくなっている。小ぶりなサイズに変わりはないが、「やはりもう少し物を入れたい」との声が多く、財布とスマートフォン、リップにハンカチなど最低限の必需品が入る大きさに改良したミニバッグが...