ライザップグループ 三鈴の全株式譲渡を決定

2020/03/19 16:30 更新


 ライザップグループは3月19日の取締役会で、連結子会社の婦人服専門店、三鈴の全株式を、東証マザーズに上場しているITbookホールディングス(HD)の子会社、東京アプリケーションシステム(新潟市、廣沢利英社長)に譲渡することを決めた。譲渡価額は2億2000万円で、株式譲渡実行日は3月31日の予定。

 三鈴は70年設立。20~30代を対象に「ルゥデ」「ショップ・ダダ」などのレディスブランドの企画・製造・販売を行っている。ライザップはライフスタイル領域を補完する目的で、16年4月に4℃ホールディングスから三鈴の株式を譲り受けた。子会社化後、リブランディングも行ったが売り上げは伸び悩み、19年3月期の売上高は約25億円(前期は32億円)、営業損益は2億5500万円の赤字だった。短期的な業績回復は自社では困難と判断、グループ自体も抜本的な構造改革のため、三鈴事業の整理・売却などを検討していたという。

 そんななか、ITbookHDから株式取得の提案があり、譲渡を決めた。ITbookHDとしてはECサイトのユーザビリティー向上などを通じて事業拡大を目指していく考え。東京アプリケーションシステムは、システムコンサルティング、受託ソフトウェア開発などを行う企業。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop