ピーチ・ジョン「どんな体形の女性も自分の体を愛せる」ブラジャー発売 芸人のバービーさんがプロデュース

2019/12/11 12:00 更新


Medium %e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%bc%ef%bc%92  1

 ピーチ・ジョンは、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーさんがプロデュースしたブラジャーを20年2月5日に発売する。「しっくりくるブラジャーに出会ったことがない」というバービーさんが自ら持ち込んだ企画を商品化した。

 「どんな体形の女性も自分の体をすてきに見せられ、ポジティブになれる下着を作りたい」として完成したブラジャーは3種類、ショーツは4種類。ワイヤブラのサイズはC~Gカップ・アンダー65~90センチ、ショーツはS~3Lの5サイズ(ソングのみ4サイズ)と、既存ラインでは取り扱いのない大きなサイズも揃える。

【関連記事】ピーチ・ジョン 公募した「リアルサイズモデル」が始動

募るブラへの不満

 以前から「下着を作りたい」とあちこちに当たっていたというバービーさん。「通販で買ったりオーダーしたり、海外で探したり、様々なブラジャーを試してきた。でも、サイドボーンが当たってあざができたり、脇高とうたっていながらも肉が収まりきらなかったり…。これまでは1枚も自分にしっくりくるものがなかった」と、悩みや不満を募らせていた。

 ピーチ・ジョンとの打ち合わせには、自ら3パターンのデザイン画を描いて持ち込んだ。下着について専門的に学んだわけではないと言いながらも、ブラジャーのパーツや素材、加工について専門用語が次々と飛び出すほど詳しく、ピーチ・ジョンの社員も驚くほどだった。

打ち合わせでは専門用語が次々と飛び出し、社員を驚かせた

〝超〟脇高設計

 ブラジャー作りのポイントは「脇の下までくるほどの幅の広いサイドベルトや、ワイヤやサイドボーンが痛みやかぶれを引き起こさないこと」。また、「大きなバストを隠したり、小さいバストを無理に持ち上げたりせず、かといって単に楽なブラジャーでもない、着けた自分が好きになれるブラジャー」を目指した。

 デイリーに使えるソフトワイヤのモールドブラの〝プリティウーマンブラ〟は、脇の下まである超脇高のサイドベルトが脇の肉を収め、バストの横広がりを防ぐ。カップサイドにはボーンの代わりに2本の生地テープを裏打ちした。カップ下からストラップにかけて幾何学柄の大人っぽいレースを配している。〝クイーンブラ〟も超脇高設計で、サイドボーンの代わりに生地テープを使用した。大きなローズ柄のストレッチレースがカップ全体を覆う。

持ち込んだデザイン画と完成した〝プリティウーマンブラ〟

 リラックスタイム向けの〝ワナビーノンワイヤーブラトップ〟は、ストラップからつながるサイドパネルがバストの広がりを抑え、脇高のサイドベルトが脇の肉を収める。胸元は見えたときも可愛くと、メロー仕上げにした。

 ワイヤブラはC・Dカップ3980円、Eカップ4280円、F・Gカップ4580円。ノンワイヤブラトップはS~L3980円、LL・3L4480円。ショーツは1480~1980円。

 自らフィッティングをして改良を重ね、構想から約2年で完成した。

異なるサイズでも同じように楽しめる下着を目指してデザインした(クイーンブラ)

多様性を楽しむ

 プロデュース商品のビジュアルは自らがモデルとなって登場する。ピーチ・ジョンが11月に発表した一般公募のリアルサイズモデルと一緒に撮影した。

 下着業界では多様な体形や年齢のモデルがショーやビジュアルに起用され、美の多様性を認め合うことや、ありのままの自分を愛するという考えが広がり始めている。今回の協業も、単に大きなサイズを作ったのではなく、どんな体形であっても楽しめる下着であることがポイント。SNSで発信した下着作りへの思いに対して、応援や共感が生まれているという。バービーさんは、「今でなければ届かなかったかもしれない。いいタイミングで作ることができた」と話す。

「全ての女性がポジティブになれるブラジャー」を作りたいと自ら企画を持ち込んで商品化にこぎつけたバービーさん

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop