オニツカタイガー×アンドレア・ポンピリオ 18年春夏

2018/02/14 11:00 更新


Medium 180131ot ap18%e6%98%a5%e5%a4%8f%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

 アシックスジャパンは「オニツカタイガー」で、デザイナーのアンドレア・ポンピリオとの18年春夏コレクションを発売した。コンセプトは「インカシティーライツ」。夏らしい雰囲気にマッチするオレンジやイエロー、ブルーなどのカラーパレットや、フラワーや迷彩のプリントなどを多数採用した。

【関連記事】オニツカタイガー×アンドレア・ポンピリオ17年秋冬

 アパレルでは90年代を象徴するストーンウォッシュ加工のデニムアイテムをはじめ、ウォッシュライクコットンやシルクタッチなど多様な素材を用いた。ジャケットやシャツ、パンツなどの商品は4テーマに分け、基調カラーを統一した。

 「インカシティーライツ」はホワイト、オレンジフラワープリント、モカ、オレンジ、イエロー。「サマートラッキングエクスペリエンス」がオリーブ、グレー、ブラック、ホワイト、カムフラージュ。「カジュアルオプティカルフラワーズ」がグレー、ブラック、ホワイト、ブラックフラワープリント。「イッツオールアバウトデニム」がブラック、ブルー、サックス。

 シューズはアンドレア氏がイメージするペルー人が履くサンダルから着想したもので、鮮やかな色のコンビネーションやループ状の靴ひも通しなどのディテールをあしらったり、チャンキーなデザインにした。

90年代からインスピレーションを受けたアイテムを多く揃えた「オニツカタイガー×アンドレア・ポンピリオ」18年春夏

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop