八木通商とエコペルジャパン フェイクファー拡大 25年までに倍増の200億円

2021/04/22 06:27 更新会員限定


Medium natalia fff koba 1 %e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a9 %e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%bc %e3%81%af%ef%bc%ab%ef%bc%af%ef%bc%a2%ef%bc%a1%e3%82%92%e6%8e%a1%e7%94%a8

 八木通商が仏プレシラ傘下のエコペルと合弁で設立したエコペルジャパンが扱うフェイクファーが、ハイエンドマーケットで拡大している。市場のサステイナブル(持続可能な)や動物愛護に対する社会的関心の高まりを受けて、リアルファーからフェイクファーに切り替える動きが加速している。これを背景に「エコペルグループ全体として、現在100億円規模の売上高を25年までには、倍増の200億円にする」構えだ。

(北川民夫)

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop