アーモンド・アイ「コユキ」秋冬 自由なコーデ楽しむ

2018/05/10 04:26 更新


Medium %e3%82%b3%e3%83%a6%e3%82%ad

 アーモンド・アイが販売するレディスブランド「コユキ」の18~19年秋冬は、レイヤードを自由に楽しむためのデザインを考えた。全体の型数は絞っているが、これまでより増やしたのはジレなどの袖のないアイテムと、細身とワイドのボトム。組み合わせの意外さやボリュームバランスで新しいスタイルを提案する。

 イチ押しは、斜めに曲がるファスナーラインのロングジレだ。素材はシルク混の肉厚のフリース。片方に大きなパッチポケットが付きアシンメトリーに膨らんで、後ろにはドレープが出る。ファスナーを上まで閉じると、肩から持ち上げたずきんのようなフードとともに首回りにボリュームが出る。これをコートに重ねたり、チュールのプリーツスカートと合わせたりして楽しむ。北海道のキタキツネのファーを使った、ベストのように着ける形のマフラーも面白い。

 羽織り物で気になるのは、トレンド感もあるネルのチェックのガウンコートとバファローチェックの長めの丈のブルゾン。ボトムではベロアで作った〝カーペンタースカート〟やペンシルスカートが新しい。

 展示会受注は好調で、取引先の店にはファンがしっかりついている。このブランドを目指して来るので、納期を早めて欲しいとの声も増えている。

ジレ3万6000円、スカート3万3000円
プリントドレス3万9000円


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop