EDWIN


概要

エドウイン(EDWIN)は、日本を代表する老舗ジーンズブランド。

企業名兼ブランド名の「EDWIN」は、デニムの英語表記「DENIM」を自由に並び換えて付けられており、エドウインのものづくりへのスピリットが込められている。

エドウインの代名詞とも言えるのは1997年に誕生した「503シリーズ」。ドレスシャツなどに使われている「液体アンモニア加工」を世界で初めてジーンズに取り入れた、履きやすさを追求したベーシックなシリーズ。誕生から20年以上経った現在も、マイナーチェンジを繰り返しながら根強い人気を誇っている。

運営は、伊藤忠商事の連結子会社の株式会社エドウイン。

歴史

エドウイン(EDWIN)は1960年代に日本で誕生。戦後直後、日本でアメリカ製のジーンズが人気となり、当時製品の輸入を行っていたメーカーが、安価で日本人の体形にあった履きやすいジーンズを作ることを目的に国産ジーンズの生産を始めたことからブランドが誕生した。

メンズのジーンズを主力に、トップスやジャケット、帽子に至るまで、デニム素材をベースとしたアイテムを幅広く展開している。

レディスやキッズも揃えているが、レディスに関しては1979年から、同じく株式会社エドウインが展開するオリジナルブランド「サムシング(SOMETHING)」を〝エドウインの女性のためのブランド〟として展開している。

2014年に伊藤忠商事が当時のエドウイン・ホールディングスの全株式を取得することで合意し、その後子会社となった。

(2019年6月現在)

EDWINのブランド情報

カテゴリージーンズ
日本
URLhttps://edwin.co.jp/shop/default.aspx

EDWINに関連する記事

《学生のいま》「早稲田大学繊維研究会」 伝統を守りながらより良い活動へ

2024/05/29

 早稲田大学を中心としたファッションサークル「早稲田大学繊維研究会」は、繊維産業の研究を目的に49年に設立した歴史ある団体だ。現在は「ファッション業界を取り巻く現状に対して、ファッションを媒体として批評を行う」こと...



「ニューヨーカー」レディス秋冬 ブレザーやタータンアイテム、協業企画も充実

2024/05/22

 ダイドーフォワード「ニューヨーカー」のレディス秋冬は、ブランド60周年の2シーズン目。ニューヨークの夜景のイメージや、「ニューヨーカータータン」を切り口に、強みのブレザーやプリント企画、タータンチェックの単品や「...



伊藤忠商事繊維カンパニー 安定的基盤づくりの仕上げへ、商品力強化で価値を高める

2024/05/14

 伊藤忠商事繊維カンパニーの武内秀人執行役員繊維カンパニープレジデントは東京本社で開いた会見で、「今期(25年3月期)は、連結純利益300億円を安定的に稼ぐ基盤づくりに向けた仕上げの年度にする。この施策の〝1丁目1...



《ジーンズカジュアル定店観測4月》気温上昇でTシャツ動く

2024/04/19

 ジーンズカジュアル専門店の4月14日の定店観測は、全国的に好天と気温の上昇に恵まれ、春夏物が動き出した。特に売れたのは半袖のトップで、Tシャツやハワイアンシャツの需要が高かった。ジーンズは引き続き堅調。定番のスト...



《人事・機構》伊藤忠商事(3月1日、4月1日)

2024/03/19

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

契約して読む
すでに会員の方はこちらからログイン



《ジーンズカジュアル定店観測2月》春物の動きが早く好調

2024/02/16

 ジーンズカジュアル専門店の2月11日の定店観測は、全国的に好天に恵まれ、大半の店が前年の売り上げを上回った。好調要因は春物商品の動きの良さ。継続してジーンズ、Gジャンも好調で、インバウンド(訪日外国人)客による購...



伊藤忠商事繊維カンパニー 投資スピード速め収益拡大へ

2023/12/25

 伊藤忠商事繊維カンパニーは、「まずは純利益300億円を安定的に稼ぐ基盤を作り、400億、500億円と高めていくには積極的な投資が必要」(武内秀人執行役員繊維カンパニープレジデント)と来年以降、投資スピードを速める...



《ジーンズカジュアル定店観測12月》気温上昇でアウター鈍化

2023/12/15

 ジーンズカジュアル専門店の12月10日の定店観測は、週末の気温上昇により冬物アウターの売れ行きが鈍化し、前年を下回る店が目立った。一方でインバウンド(訪日外国人)の取り込みに成功した店などでは、売り上げを伸ばした...



伊藤忠商事繊維カンパニー 「答えは現場」。事業会社が勉強会

2023/12/12

 伊藤忠商事繊維カンパニーは、小売り機能のある傘下の7社のEC・マーケティング担当者など約30人による「小売りグループ会社情報交換会」を22年1月から定期的に開いている。レリアンやエドウイン、コロネット、コンバース...



伊藤忠・繊維デジタル戦略室 傘下企業の物流改革を後押し

2023/12/07

 伊藤忠商事の繊維デジタル戦略室(繊維カンパニー)が傘下の事業会社の物流改革を後押ししている。業務の可視化に基づいたコストの洗い出しを通じ、事業会社の現場の判断能力の向上を促し、今後毎年10%ほど上昇し続けるといわ...



《素材メーカー、商社の決算分析④》大手・総合商社繊維部門  市況回復で利益改善

2023/12/06

 大手・総合商社繊維部門の23年4~9月連結決算は、コロナ禍後の経済活動の正常化、インバウンド(訪日外国人)需要の拡大などを背景に景気回復が続き、アパレル関連事業を中心に業績が回復した。しかし、ドル・円相場が、期初...



《ジーンズカジュアル定店観測11月》アウター全般動き出す ウォーム感あるパンツも

2023/11/17

 ジーンズカジュアル専門店の11月12日の定店観測は、週末に気温が下がったことで、アウターの売れ行きが加速した。ボトムも早いところではウォーム感のあるパンツが動き始めている。【関連記事】《ジーンズカジュアル定店観測...