CONVERSE


概要

コンバース(CONVERSE)は、アメリカ発祥のスニーカーを主力とするスポーツブランド。

バスケットボールシューズの「コンバース・オールスター(通称チャック・テイラー)」や伝説のバトミントンプレイヤーのジャック・パーセルが開発に携わった「ジャック・パーセル」、★マークが入った「ワンスター」など、数々のベストセラーのシューズシリーズがある。

日本では伊藤忠商事が商標権を保有。コンバースジャパンをマスターライセンシーとして、サブライセンシーと連携を取りながらシューズ以外のウェア、雑貨の展開を進めている。シューズの販売はコンバースフットウェアが担っており、2017年春夏にはオールスター誕生100周年を記念した「オールスター100」を投入し、話題をさらった。

歴史

コンバース(CONVERSE)の創業は1908年、アメリカのマサチューセッツ州モールデンでマーキス・M・コンバースがコンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立したのが始まり。翌年の1909年、雨や雪の中でも作業できるラバーシューズの製造を開始した。その後、マーキス・M・コンバースは、ラバーシューズの販売が雪の多い冬場に集中することから、通年で販売できる商品の開発に着手。1917年にバスケットボール専用シューズとして「オールスター」を開発。1935年にはシグネチャーモデルの先駆けとされる「ジャック・パーセル」を発売した。

伊藤忠商事が日本での商標権を取得したのは2000年から2001年にかけて。米コンバースの経営悪化に伴うもので、2000年末にシューズ以外の全アイテムについて商標権を買い取り、2001年にはシューズの商標権も取得した。米コンバースが経営難に陥ったのは、1995年にアパレルメーカー、エーペックスワンを買収したことで多大な負債を抱えたことや1997年以降に実施したシューズ事業への積極投資が主因。米コンバースは、2001年1月にチャプターイレブンを申請し、その後、ナイキ傘下となった。

伊藤忠商事、コンバースジャパンは、シューズを主力としながら、ウェア、雑貨など幅広いアイテムを展開しており、最近ではウェアの発信を強めている。

2015年9月にはメルローズがコンバースジャパンと協業し、高感度な層に向けたコンバーストウキョウ(CONVERSE TOKYO)の出店を開始。コンバーストウキョウの人気を受けて、メルローズ、コンバースジャパンの協業第2弾として、2019年春には新ブランドのコンバーススターズ(CONVERSE STARS)をデビューさせる。

(2019年2月現在)

CONVERSEのブランド情報

カテゴリー総合
アメリカ
URLhttp://converse.co.jp/

CONVERSEに関連する記事

専門店メンズ5月の売り場観測 ビンテージ風Tシャツと開襟シャツ

2024/05/15

 4月後半から気温が上昇し、売れ筋が一気に夏物にシフトした。トップは製品染めで色むらのあるボディーに古着っぽいモチーフをのせたTシャツが売れている。シャツは開襟シャツを推す店が多いが、アセテート混など清涼感のある無...



伊藤忠商事繊維カンパニー 安定的基盤づくりの仕上げへ、商品力強化で価値を高める

2024/05/14

 伊藤忠商事繊維カンパニーの武内秀人執行役員繊維カンパニープレジデントは東京本社で開いた会見で、「今期(25年3月期)は、連結純利益300億円を安定的に稼ぐ基盤づくりに向けた仕上げの年度にする。この施策の〝1丁目1...



《人事・機構》伊藤忠商事(4月1日、5月1日)

2024/05/07

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

契約して読む
すでに会員の方はこちらからログイン



ドーム代表取締役CEO 北島義典さん 「トンネル」となり、アスリートを支える

2024/04/26

 伊藤忠商事が、米スポーツブランド「アンダーアーマー」(UA)の日本総代理店であるドームを子会社化して2年。代表取締役CEO(最高経営責任者)に就いた北島義典さんは過去に、「ハンティングワールド」「レスポートサック...



豊島「フードテキスタイル」 内閣府の公式SNSで紹介

2024/04/23

 豊島の廃棄予定食材を染料として再活用するプロジェクト「フードテキスタイル」が4月18日、内閣府の公式SNSで紹介された。【関連記事】豊島「オーガビッツ」が来年20周年 記念企画の第1弾で新柄を追加 今回取り上げた...



専門店メンズ4月の売り場観測 シャツにワイドパンツ

2024/04/09

 前月動きの鈍かった春物をしっかり売りたい。ビジカジ対応のセットアップはジャケット、パンツのデザインを増やし、合わせるインナーのバリエーションで使い勝手をアピールするショップが目立つ。カジュアルはスウェットシャツか...



ナイキ23年12月~24年2月 純利益5%減、EC3%減収 卸とDtoC戦略を見直し

2024/04/01

 【サンフランシスコ=立野啓子通信員】ナイキの23年度第3四半期(23年12月~24年2月)決算は、売上高が124億2900万ドルで前年同期比横ばい、純利益は11億7200万ドルで5%減となった。【関連記事】米大手...



オアシスライフスタイルグループ「マックロ」 期間限定の1号店が順調

2024/03/26

 スーツに見える作業着「ダブリューダブリューエス」(WWS)を企画・販売するオアシスライフスタイルグループ(東京)は3月7日から、黒に絞った新ブランド「マックロ」の期間限定店を東京の渋谷パルコで開いている。ECサイ...



ニュウマン新宿、今期売上高はコロナ前超えへ 顧客拡大策が実る

2024/02/05

 ルミネがJR新宿駅新南口で運営するニュウマン新宿はショップと連携して、上質で高感度なファッションを軸としたライフスタイル提案と顧客拡大策に取り組んでいる成果で、前期(23年3月期)に引き続き、今期も売上高がコロナ...



「ビス」24年春夏 KカルチャーやY2Kを通勤スタイルにプラス

2024/01/25

 ジュンの「ビス」は、23年秋冬から韓国ファッション好きの若者をターゲットに、商品のバリエーションを拡充している。これまで好評だった通勤スタイルは残しつつ、KカルチャーやY2Kを感じさせるトレンド感のあるアイテムを...



《トップインタビュー2024》サックスバーホールディングス社長 木山剛史氏 協業でウォンツ需要開拓

2024/01/22

 コロナ禍が沈静化し収益性を回復させたサックスバーホールディングス。自社企画の拡大、店舗の拡大・統合などが効率化につながった。今年は〝メイクシナジー〟をテーマに協業企画を積極的に仕掛けて売り上げ拡大に結び付ける。【...



「コンバース」、「ワンスター」が50周年 キャンバスのモデルを復刻

2024/01/17

 コンバースジャパンの「コンバース」のレザーバスケットボールシューズ「ワンスター」は24年、発売50周年を迎える。記念商品の第1弾として1月26日、90年代に販売したキャンバスのワンスターを復刻し、発売する。 国産...