奈良・靴下産地 今秋、欧州に販路開拓ミッション

2019/08/02 06:25 更新


Medium %e5%a5%88%e8%89%af%e9%9d%b4%e4%b8%8b%e7%b5%84%e5%90%88 %e3%81%be%e3%81%bb%e3%82%8d%e3%81%b0%e9%a4%a8%e3%81%ae%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a

 奈良県靴下工業協同組合は、昨年11月に開設された日本貿易振興機構(ジェトロ)奈良貿易センターなどのバックアップを受け、秋に欧州ミッションを派遣する。過去に中国市場開拓などの取り組みはあったが、付加価値品を中心に欧州市場の開拓を目指す。

 ミッションの派遣日程は9月29日から10月4日、パリを予定。詳細はこれから決定するが、現地の展示会、靴下メーカーや売り場視察のほか、バイヤーを招いた商談会なども開催する計画。ビジネスが進めば、バイヤーを2月に奈良に招き、より具体的な商談や製造現場の視察につなげていきたい考えだ。

 組合は近年、産地ブランド「ザ・ペア」を中心に国内で販路開拓を進めてきた。奈良産地全体の昨年の生産量は、9480万足と1億足の大台を割り込んでいるが、有力企業は設備投資の強化による新商品の開発、オリジナルブランドの本格化など、前向きな姿勢が目立つ。

 昨年の輸出量は日本全体でも135万足にとどまり、中国を中心とするアジア向けが中心。日本とEU(欧州連合)のEPA(経済連携協定)が19年2月に発効したこともあり、ほぼ手つかずだった欧州市場の開拓を進めていく。

東京・日本橋の奈良まほろば館で6月に開いた「ザ・ペア」の販売会

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop