マッキントッシュフィロソフィー


概要

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)は、ゴム引きコートで有名なイギリスの「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」のセカンドライン。マッキントッシュの伝統的な物作りの精神とクラシックかつ時代性のあるスタイルを受け継いだブランドで、主に百貨店に出店している。

三陽商会がメンズ、レディスウェアを販売するほか、ムーンバットが傘、福助がレッグウェアを展開するなど総合的なブランドとなっている。

ベストセラー商品として、三陽商会がメンズで展開しているトロッターシリーズがある。ビジネスマンが出張を快適に過ごすためのアイテムを揃えており、しわになりにくく、家庭で洗えるジャケットなどが人気。

ライフスタイルグッズでは、圧倒的な軽さとファッション性を兼ね備えた、ムーンバットの折り畳み傘「バーブレラ」が累計販売が17万本を突破するヒット商品となっている。

歴史

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)は、三陽商会が2007年秋冬からメンズウェアの展開をスタートさせたことからブランドが始まった。30代の男性をターゲットとして開発し、2008年春からはレディスウェアの販売にも着手した。コート、ジャケットなどを主力アイテムとしたトータルブランドとなり、その後、ライフスタイルグッズの展開を進めている。

主なサブライセンシーは、アイウェアの青山眼鏡、ネクタイの三松商事、手袋のスワニー、シューズのリーガルコーポレーション、革小物の守屋、バッグのエース、など。

三陽商会は2018年、マッキントッシュフィロソフィーから派生したブリティッシュテーストのライフスタイル型ストア「エムピーストア」の出店も開始。20~30代の都市型生活者を主なターゲットとし、2020年までに10店舗まで展開を広げる計画。

(2019年1月現在)

マッキントッシュフィロソフィーのブランド情報

カテゴリー総合
イギリス
URLhttp://www.mackintosh-philosophy.com/

マッキントッシュフィロソフィーに関連する記事

三陽商会 23年度「SANYOアワード」表彰式を開く

2024/06/12

 三陽商会は6月7日、23年度の優れた販売サービスと商品開発を支えたチームを対象にした表彰制度「SANYOアワード」の表彰式を本社で行った。【関連記事】三陽商会レディスブランド24年秋冬 残暑対策で実需アイテムを強...



【今日は何の日?】5月11日 三陽商会設立日(1943年)

2024/05/11

■三陽商会 戦時中の1943年に創業者・吉原信之が東京に設立、砥石商から始まった。戦後、物資が少ない中で入手可能な原材料から様々なものを手掛け、事業を模索。1946年に防空暗幕を用いて作った紳士用の黒いレインコート...



「マッキントッシュフィロソフィー」メンズ ミニマルな“超音波無縫製”コート

2024/03/26

 三陽商会の「マッキントッシュフィロソフィー」メンズは、布同士を超音波で溶着し、縫い代やステッチを極力省いたミニマルな「超音波無縫製コート」の販売を開始した。【関連記事】《トップインタビュー2024》三陽商会社長 ...



《人事・機構》三陽商会(3月1日)

2024/01/30

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

契約して読む
すでに会員の方はこちらからログイン



《トップインタビュー2024》三陽商会社長 大江伸治氏 中計最終年度で成長軌道へ

2024/01/18

 今期(24年2月期)は中期経営計画の2年目で、業績見込みを上方修正するなど、トップラインの確保や粗利益率の改善など成果が見られる。最終年度の来期は、「高い価値創造力と強靭(きょうじん)な収益力を併せ持ったエクセレ...



三陽商会、セールにメス 夏は6~8月に新商品を投入

2023/11/24

 三陽商会は24年春夏から、正価販売の一層の向上に取り組む。セール期の6~8月に新企画を投入するなどシーズンMDを見直し、店頭の新鮮さを保つ。夏が長くなる傾向やセールに対する消費動向の変化に応える。「セールにメスを...



ムーンバット社長 鎌田尚さん 成長戦略で企業基盤の確立を目指す

2023/09/29

 ムーンバットは、コロナ禍で厳しかった傘や帽子などの服飾雑貨が、行動制限の撤廃などで好調に動いている。直営店事業やEC販売、利益改善などの構造改革による成長戦略が進んでおり、前期(23年3月期)は4期ぶりの黒字化で...



高槻阪急 10月6日に屋号変更し改装オープン 専門店広げ来店頻度向上

2023/09/04

 高槻阪急(大阪府高槻市)は10月6日、「高槻阪急スクエア」に屋号を変更し、大規模改装オープンする。来店頻度を高めることなどを狙って大型専門店を多数導入するなど専門店の展開面積を拡大した。改装は22年2月から段階的...



伊予鉄高島屋 さらなる成長へ投資継続 フロアの活性化進める

2023/07/26

 伊予鉄高島屋(松山市)は、コロナ禍でも継続的に取り組んできたフロアMDの見直し、百貨店の強みの強化と客層の幅を広げる新規ブランド導入、デジタル販促の強化などが奏功しており、22年度は2期連続の増収営業増益となった...



三陽商会 ジャケットが堅調 クールビズ需要高まる

2023/06/27

 三陽商会は5~6月、メンズ・ウィメンズの各ブランドでジャケットアイテムが好調に推移した。新型コロナウイルス感染症の5類移行に伴い、リモートワークから出社に戻す企業が増える中、久々に通勤服を見直す「買い替え需要」な...



バッグ、財布企業が自社ブランド育成に力 百貨店向けはメリハリ付けて

2023/06/08

 バッグ、財布の企画販売各社は百貨店販路が縮小する中で、自社ブランドや展開アイテムの拡大などで売り上げ確保に力を入れている。 各社とも課題として大きいのが百貨店販路の縮小だ。百貨店閉店が続くほか、特にバッグ売り場が...



ディプロモードの「ムーンレイカーズ」プロジェクト 象とアリ。それでも僕らが必要なわけ

2023/06/02

 東レグループのディプロモード(東京)がコロナ下の20年秋に始めたのが「ムーンレイカーズ」プロジェクトだ。東レの最先端素材を使った洋服などを直接消費者に販売する。BtoB(企業間取引)が中心の東レとは異なり、製品は...