MARGARET HOWELL


概要

マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)は、イギリス発のファッションブランド。シンプル&ベーシックを基本に「伝統を大切にしながら、時代を感じ取り、物作りに反映させる」というデザイナーのマーガレット・ハウエル氏の姿勢が反映されている。

ウィメンズ、メンズに加えて、キッチン・リビング用品などの「ハウスホールドグッズ」やカフェも展開。ショップにおいても、昔のヨーロッパの建物で用いられていた古材を使用するなど、オーセンティックかつタイムレスな空間を表現している。

日本ではアングローバルが1980年代から取り扱い、1990年にはアングローバルが、英国法人マーガレット・ハウエル社(MARGARET HOWELL LTD.)を子会社化。海外、日本双方でのショップ展開を進めている。日本でのショップは路面店のほか、有力ファッションビルを中心に出店。メインラインのマーガレット・ハウエルだけでなく、カジュアルラインの「MHL.」も認知度が高い。MHL.は、マーガレット・ハウエル氏が、ワークウェアやユニフォームから影響を受けてスタートした。機能性と実用性をキーワードに、シンプルでモダンかつデイリーに着こなすことができるウェアを提案している。

歴史

マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)は、同名の女性デザイナー、マーガレット・ハウエル氏が1970年にメンズシャツを発表したことからスタートした。古着のような風合いとシルエットがUK版『VOGUE』で注目され、1980年にはウィメンズも発表した。

日本との関連では、アングローバル(当時の社名は栄和)が1981年に英国法人マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL LTD.)とライセンス契約を締結してアパレル事業に進出。1983年には直営店の展開をスタートした。

アングローバルはその後、1990年には英国法人を子会社化し、1996年にはフランス法人のMARGARET HOWELL (FRANCE) S.A.R.L.を設立。グローバルでの事業運営に着手した。

1999年には旗艦店を渋谷区神南に開設し、2002年にはロンドン・ウィグモアストリートに旗艦店をオープンした。

2003年にはカジュアルラインの「MHL.」をスタート。2004年にはサンエー・インターナショナルがアングローバルを子会社化した。

2008年には表参道、2009年にはパリ・マドレーヌに旗艦店をオープン、2009年にはMHL.のオンリーショップを代官山に開設した。

(2019年3月現在)

MARGARET HOWELLのブランド情報

カテゴリー総合
イギリス
URLhttps://www.margarethowell.jp/
デザイナーマーガレット・ハウエル(Margaret Howell)

MARGARET HOWELLに関連する記事

《ファッションリユースの現在地⑰》一次流通の挑戦㊦ 店舗、ECに次ぐ新販路へ

2024/07/03

 TSIの「マーガレット・ハウエル」は今春、リユース品を専用ECサイト「MHリセル」で販売した。スタッフから回収した古着で販売可能な570点のうち期間中に売れたのは430点。消化率は75%に達した。「ある程度の結果...



「マーガレット・ハウエル」がリセールに手応え ECサイトのみで消化率75%

2024/06/20

 TSIが、3月から販売を始めた「マーガレット・ハウエル」のリユース品販売に手応えを感じている。リセール業務を支援するフリースタンダード(東京)によると通常の消化率は回収品の半分以下にとどまるが、期間限定のECサイ...



「23年度百貨店バイヤーズ賞」レディス部門に28ブランド、「23年度百貨店賞」に7店選出

2024/02/29

 繊研新聞社が主催する23年度百貨店バイヤーズ賞レディスの部門賞が決まった。23年春夏と秋冬の結果をもとに、全国の百貨店バイヤーから推薦の多かった各部門で28のブランド及びカテゴリーを選出した。 23年度はコロナ禍...



「マーガレット・ハウエル」と「ミズノ」 日欧で協業アイテムを販売

2024/02/20

 TSIの「マーガレット・ハウエル」は、スポーツブランド「ミズノ」との協業カプセルコレクションを日欧で販売する。ブランド誕生から50年以上が経過し、今後の成長を見据えて既存顧客のニーズを満たすとともに、次世代客の獲...



「REBEL: 30 Years of London Fashion」展が解き明かす、クリエイターの揺籃(若月美奈)

2023/10/02

「ポール・スミスもマーガレット・ハウエルも登場しないロンドン・コレクションの本なんて売れない」。6年前、繊研新聞社からアーカイブ書籍「ロンドン・コレクション 1984-2017 才気を放つ83人の出発点」を出版した...



エドウイン秋冬 「505」シリーズを打ち出す

2023/06/26

 エドウインは23年秋冬、セルビッチデニムのビンテージタイプ「505」シリーズの訴求を強める。これまで限定数量での復刻はあったが、シリーズとしては久々の復活となる。同シリーズは国産レプリカジーンズブームを背景に94...



松屋銀座本店が男女複合型アパレル売り場 紳士服フロアの活路を見い出す

2023/05/12

 松屋銀座本店は今年3月、5階紳士服フロアの約半分の面積をメンズ、レディスの一体型ゾーンとして刷新した。各ブランドのショップが男女同一コンセプトの衣料品を販売するもので、12店が出店する。新型コロナ禍で変化する顧客...



「マーガレット・ハウエル」 英国本国も賛同するマーケット 服も食も“良い素材”で

2023/04/28

 TSIの「マーガレット・ハウエル」は東京・神南店のカフェ「MHカフェ」で、季節の野菜やハーブ、切り花、オリジナルの焼き菓子などを販売する「MHマーケット」を開いている。コロナ禍でカフェの営業がストップし、食材を作...



「マーガレット・ハウエル」 「エドウイン」と協業20周年記念商品

2023/02/20

 TSIの「マーガレット・ハウエル」は、2月23日から、「エドウイン」との協業開始20周年を記念した特別商品を、直営店と公式オンラインストアで販売する。東京・神南店では22日から、20周年を記念したエキシビションを...



23~24年秋冬ミラノ、パリ・コレクション見どころ 復活と新しい息吹

2023/02/20

 23~24年秋冬のミラノ、パリ・ファッションウィークは、コロナ禍の不安が遠のき、ほぼ以前のようにフィジカルでの発表が戻ってくる。開幕直前、それぞれの見どころを現地通信員が解説する。【ミラノ】若手のショーをサポート...



TSIホールディングス、3年ぶりに品質情報展を開催

2023/02/01

 TSIホールディングスは、3年ぶりとなる「品質情報展」を本社で開いた。品質管理にまつわる注意点を社内に啓発するのが主目的だが、ここ数年、関心が高まる人権や環境などSDGs(持続可能な開発目標)関連にも広くスペース...



色柄が魅力のニットウェア「ストゥー」23年春夏 ルイス・バラガンが着想源

2023/01/31

 ニットを専門にするレディスウェア「ストゥー」は、ベーシックなデザインと豊かさを感じる着心地、柔らかできりりとした色柄を魅力にする。23年春夏は、メキシコの建築家、ルイス・バラガンにインスピレーションを得て、ピンク...