patagonia


概要

パタゴニア(patagonia)は、1978年に登山家のイヴォン・シュイナードによって創設されたアメリカのパタゴニア社の社名を冠したアウトドアブランド。

ロゴマークは、アンデス山脈の山のひとつ、フィッツ・ロイ山をかたどった稜線(りょうせん)を入れたもの。

機能性だけでなく「社会と環境に対して責任を持つ」エコロジー活動の旗手としての発言や行動がファンを獲得してきた。

1996年には綿製品をすべてオーガニックコットンに切り替え、100%トレーサブル(追跡可能)なダウンの採用など、環境問題で先進的な取り組みを続ける。

日本では、パタゴニア日本支社が1988年に設立され、現在、23の直営店を運営するほか、ECや卸売り事業も手掛ける。

歴史

パタゴニア(patagonia)は、アメリカのカリフォルニア州ベンチュラを拠点とするアウトドアブランド。登山家のイヴォン・シュイナードが登山用具の販売をスタートしたことが起源となった。

1968年にシュイナードが、「ザ・ノース・フェイス」創始者のダグラス・トンプキンスらと共に、アメリカのベンチュラから南米パタゴニアまでの1万3000キロを車で旅し、アンデス山脈にあるフィッツ・ロイ山の登攀を果たす6カ月に及ぶ冒険の中で様々な経験を得たことが強く印象に残り、1973年に社名をパタゴニアに改め、フィッツ・ロイ山をかたどった稜線(りょうせん)を入れたロゴを作った。この旅は、2018年に「マウンテン・オブ・ストームス」というドキュメンタリー映画となった。

環境保護活動のみならず「高品質で真摯(しんし)な物作り」で ファンを獲得してきた。

「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションに掲げている。

企業としては、シュイナードが前身となるピトン製造のシュイナード・イクイップメントを創業し、1973年に社名をパタゴニアと改めた。気候変動問題に取り組むNPO(非営利組織)や環境再生型農業や漁業に取り組む団体への支援に積極的で、これまで9000万ドル以上を助成金や製品寄付として提供している。18年4月期の売上高は約1000億円。

(2019年1月現在)

patagoniaのブランド情報

カテゴリースポーツ
アメリカ
URLhttps://www.patagonia.jp/home/

patagoniaに関連する記事

宮崎市のアウトドア専門店「ポータル」 移住者らを魅了、視察も相次ぐ

2024/05/20

 宮崎市に、大手アウトドアメーカーの幹部がたびたび視察に訪れるアウトドア専門店がある。おしゃれな内装はアパレルショップと見間違えるほどで、移住者や若者をとりこにする。今後は個性派ブランドの品揃えに、更に力を入れる。...



《口コミが映す選ばれる会社㊦》勝ち筋は、「報酬型」か「風通し」

2024/05/15

【関連記事】《口コミが映す選ばれる会社㊤》バランスより、どこをとがらせるか待遇面は底辺 ――繊維・アパレル・ファッション企業の特徴は。 この業界の直近の平均を出してみたら、NPS(ネットプロモータースコア)3.13...



パタゴニアの幹部4人に聞く クオリティーを追求する意義とは?

2024/05/10

 米アウトドアメーカーのパタゴニアが、クオリティーの重要性を改めて訴えている。創業者のイヴォン・シュイナード氏は、23年11月に米紙に「低いクオリティーの高い代償」と題した寄稿文を発表し、「粗末に作られ、すぐに捨て...



《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊦》もっと責任ある会社に

2024/04/22

【関連記事】《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊥》ファッションじゃない服何者か伝える ――80年代から販売する「バギーズ・ショーツ」が売れ続けているのはなぜか。 クラシックで、細部に至るまで全て機能性を...



《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊥》ファッションじゃない服

2024/04/19

【関連記事】《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊤》客観的に認識されるもの覚悟が必要 ――他社はなぜ、「パタゴニア」のクオリティーをコピーしないのか。 なぜならそこまでするのは簡単ではないし、お金もかかる...



《パタゴニア創業者に聞く、クオリティーとは何か㊤》客観的に認識されるもの

2024/04/18

 パタゴニア創業者で元オーナーのイヴォン・シュイナード氏が23年11月、米紙に「The High Stakes of Low Quality」(低いクオリティーの高い代償)と題した寄稿文を発表した。「粗末に作られ、...



《寄稿》パタゴニアが50年かけて学んだこと ヴィンセント・スタンリー

2024/03/18

 パタゴニアから書籍『レスポンシブル・カンパニーの未来 パタゴニアが50年かけて学んだこと』(ダイヤモンド社)が1月31日に発売されました。日本語版の発行を記念し、パタゴニア創業者のイヴォン・シュイナードさんと本書...



パタゴニア ゴア社とPFASフリーの新製品を共同開発

2024/03/08

 パタゴニアは環境や人体へ悪影響を及ぼす懸念のあるPFAS(有機フッ素化合物)を排除した「ePE(延伸ポリエチレン)メンブレン」を採用したテクニカルウェアを、W.L.ゴア&アソシエイツ(ゴア社)と共同開発した。PF...



《編集委員がお答えします》リユース市場はどこまで伸びる?

2024/03/05

 「リユース(中古)市場はどこまで伸びますか」という質問をいただきました。中古品購入者の増加を背景に伸び盛りの市場ですが、さて、どこまで成長するのでしょうか。今後の展望について、永松浩介編集委員がお答えします。 リ...



【現地レポート】多彩なイノベーション見せたISPOミュンヘン 素材メーカーがリード

2023/12/19

 11月28~30日に独ミュンヘンで開催された「ISPOミュンヘン」は、従来のスポーツ用品見本市の枠を超え、ファッションとの融合がさらに進んだ。サステイナビリティー(持続可能性)やヘルス、DX(デジタルトランスフォ...



専門店メンズ12月の売り場観測 ショートブルゾンとロングコート

2023/12/12

 前月後半から稼働した冬アウターをしっかり売りたい。今季の売れ筋はショート丈に集中している。ダウン、中わた入りのブルゾンやパーカに、股上の深い極太のパンツを合わせるコーディネートが若年層に一気に広がった。ただし、3...



独ISPO  スポーツを軸に分野拡大、ファッションとの融合加速

2023/11/30

 独ミュンヘンで11月28~30日、スポーツ用品の見本市ISPO(メッセ・ミュンヘン主催)が開かれた。前回まで新型コロナの影響で渡航が制限されていた中国から来場者が戻ったほか、出展社数も前回展の約1500から約24...