patagonia


概要

パタゴニア(patagonia)は、1978年に登山家のイヴォン・シュイナードによって創設されたアメリカのパタゴニア社の社名を冠したアウトドアブランド。

ロゴマークは、アンデス山脈の山のひとつ、フィッツ・ロイ山をかたどった稜線(りょうせん)を入れたもの。

機能性だけでなく「社会と環境に対して責任を持つ」エコロジー活動の旗手としての発言や行動がファンを獲得してきた。

1996年には綿製品をすべてオーガニックコットンに切り替え、100%トレーサブル(追跡可能)なダウンの採用など、環境問題で先進的な取り組みを続ける。

日本では、パタゴニア日本支社が1988年に設立され、現在、23の直営店を運営するほか、ECや卸売り事業も手掛ける。

歴史

パタゴニア(patagonia)は、アメリカのカリフォルニア州ベンチュラを拠点とするアウトドアブランド。登山家のイヴォン・シュイナードが登山用具の販売をスタートしたことが起源となった。

1968年にシュイナードが、「ザ・ノース・フェイス」創始者のダグラス・トンプキンスらと共に、アメリカのベンチュラから南米パタゴニアまでの1万3000キロを車で旅し、アンデス山脈にあるフィッツ・ロイ山の登攀を果たす6カ月に及ぶ冒険の中で様々な経験を得たことが強く印象に残り、1973年に社名をパタゴニアに改め、フィッツ・ロイ山をかたどった稜線(りょうせん)を入れたロゴを作った。この旅は、2018年に「マウンテン・オブ・ストームス」というドキュメンタリー映画となった。

環境保護活動のみならず「高品質で真摯(しんし)な物作り」で ファンを獲得してきた。

「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションに掲げている。

企業としては、シュイナードが前身となるピトン製造のシュイナード・イクイップメントを創業し、1973年に社名をパタゴニアと改めた。気候変動問題に取り組むNPO(非営利組織)や環境再生型農業や漁業に取り組む団体への支援に積極的で、これまで9000万ドル以上を助成金や製品寄付として提供している。18年4月期の売上高は約1000億円。

(2019年1月現在)

patagoniaのブランド情報

カテゴリースポーツ
アメリカ
URLhttps://www.patagonia.jp/home/

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

patagoniaに関連する記事

Medium ryan gellert headshot  1

【ファッションとサステイナビリティー】パタゴニア 企業活動通じて地球環境を守る 若者の参加増加に励まし

2020/11/30

 「私の使命は、家族、従業員、地球上の人々の体と精神の健康、そして私たちの地球を守ること。そのために常に世界の動き、経済、人種問題を含む社会問題、環境破壊による気候変動に目を向ける。パタゴニアは北米のほかに、欧州、...



Medium %e5%87%ba%e7%a8%bf%e7%94%a8%ef%bc%92 %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3 %e3%82%b2%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e6%b0%8f

米パタゴニア 100年続く企業へ

2020/11/25

 【サンフランシスコ=立野啓子通信員】365日、環境破壊と闘い、今から100年続く企業に――環境保護活動の旗手として知られるパタゴニアワークス(米カリフォルニア州ベンチュラ)の新CEO(最高経営責任者)に、これまで...



Medium vote  %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%9e

大統領選まであと1カ月弱!(杉本佳子)

2020/10/08

注目のアメリカ大統領選挙まであと1ヶ月を切った。今年ほど注目を集め、混とんとした大統領選挙はなかっただろう。ファッション業界でも、今まで見られなかった動きが出てきている。それは、積極的に投票を促す動きだ。サクスフィ...



Medium %e8%a8%98%e8%80%85%e3%81%ae%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%84%9f%e6%83%b3%e6%96%87 %e5%b0%82%e9%96%80%e7%b4%99%e3%81%ae%e8%a8%98%e8%80%85%e3%81%8c%e3%81%8a%e8%96%a6%e3%82%81%e3%81%ae%e6%9c%ac%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b

【記者の読書感想文】専門紙の記者がお薦めの本を紹介

2020/09/12

【センケンコミュニティー】夏休み!記者の読書感想文 専門紙の記者がお薦めの本を紹介 いつもより家で過ごすことが増えそうな今年の夏休み、読書にふける時間はいかがでしょうか。専門紙の記者として担当分野に関する本を読む機...



Medium fotojet  42

20年春夏メンズカジュアル コロナ禍でも売れたのは?

2020/07/16

 20年春夏のメンズカジュアルは、春物の本格的な実需期となるはずの3月に外出自粛の影響で客足が遠のき、4、5月は実店舗が休業となった。商戦の大きなヤマが作れず、目立った売れ筋も見えないままシーズンは終わろうとしてい...



パタゴニア ローズ・マーカリオCEOが退任

2020/06/12

 【サンフランシスコ=立野啓子通信員】パタゴニア(カリフォルニア州ベンチュラ)のローズ・マーカリオCEO(最高経営責任者)が、6月12日付けで退任する。後任は未定だが、当面ダグ・フリーマンCOO(最高執行責任者)が...



Medium %e3%83%91%e3%82%bf%e3%82%b4%e3%83%8b%e3%82%a2

【ファッションとサステイナビリティー】前・パタゴニア日本支社長の辻井隆行氏 「本質的な一歩を踏み出す時」

2020/05/30

《パイオニア・寄稿》本質的な一歩を踏み出す時 辻井隆行 前・パタゴニア日本支社長 コロナ禍によってあまたの尊い命が返らぬものとなり、今なお、大勢の方々が苦しんでいる。心からのお悔やみとお見舞いを申し上げると共に、社...



Medium %e7%99%ba%e9%9b%bb%e6%89%80%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc

《異業種に学ぶ》みんな電力 「顔の見える電力」で再エネ化

2020/03/16

 サステイナビリティー(持続可能性)やESG(環境・社会・ガバナンス)などの取り組みが世界的に重要視される中、新電力ベンチャー企業のみんな電力(東京、大石英司代表)は、地域の発電所と企業や家庭をつなぐ「顔の見える電...



Medium 2001 %e5%b7%9d%e8%a5%bf%e9%98%aa%e6%80%a5 %e3%82%b5%e3%83%8b%e3%83%bc %e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3  1

川西阪急 「暮らし」を提案する自主編集売り場が健闘

2020/02/04

 川西阪急が、18年秋、19年春と相次いで開設した「暮らし」を提案する三つの自主編集売り場が健闘している。地域ニーズに対応した品揃え提案により、各売り場とも新規客層の来店、購買に結びついている。2年目に入り、売り上...



Medium fotojet  26

19~20年秋冬メンズカジュアルヒット商品 フリースが安定の人気

2019/12/13

 19~20年秋冬のメンズカジュアルは前年と同様の暖冬が足かせとなり、アウターの動き出しが遅くなった。秋口から10月まで暖かい日が続き、トップはシャツが一定動いたものの、セーターが売れ出すのは11月後半まで遅れた。...



《めてみみ》有料化のインパクト

2019/12/12

 政府は、プラスチック製買い物袋(レジ袋)の有料化を来年7月1日から義務付ける方針を固めた。プラスチックごみを削減し、環境保護につなげるのが目的だ。 ある試算によれば、レジ袋削減によるプラスチックごみ全体の減少効果...



Medium %e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%a8%ad%e8%a8%88%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf%ef%bc%92

【ファッションとサステイナビリティー】アウトドア企業 循環型社会へ取り組み本格化

2019/12/08

 国内のアウトドアメーカーが、循環型社会の実現に向けた取り組みを本格化している。●次はテントから服 キャンプ用品メーカーのスノーピークは10月から、日本環境設計が手掛けた再生ポリエステル樹脂を使った自社製造のニット...



Btn gotop