PATRICK


概要

パトリック(PATRICK)は、フランス発祥の老舗スポーツシューズブランド。「誰もが履いていて楽しくなるような心地よい靴作り」を理念に、シューズ後方の2本のラインとビビッドな色使いが特徴。

1980年代には世界に広まり、カメイ・プロアクトが1998年に日本における商標権を取得。カジュアルなテイストの日本製シューズを製造・販売している。

日本での主要客層は35歳以上。大手ブランドを一通り履いてパトリックにたどり着くことも多い。流行に左右されることなく、洗練された大人のファッションを表現するシューズブランドとして、現在も、日本上陸当時のキャッチコピー「足元のメークアップ」を受け継いでいる。直営店の「パトリックラボ」を7店舗運営している。

歴史

パトリック(PATRICK)の誕生は1892年、西フランスのプゾージュ村で靴職人のパトリック・ベネトー氏が息子達と一緒に靴作りを始めたことがきっかけ。1972年にブランドのイメージである2本ラインが誕生し、フランスを代表するブランドとして、サッカーシューズを始めとしたさまざまなスポーツ競技の場面で地位を確立していった。

パトリックが日本に上陸したのは1978年。カメイ・プロアクトがパトリックの輸入販売を開始したのが1982年。1990年には日本国内生産モデルの販売に着手した。1998年4月にカメイ・プロアクトは、パトリック・インターナショナルから日本国内における商標権を取得。2006年にはパトリックブランドのアパレルラインの展開をスタートし、2009年2月には初の直営店「パトリックラボ銀座」を開設した。

(2019年4月現在)

PATRICKのブランド情報

カテゴリー靴・シューズ
フランス
URLhttps://www.patrick.jp/

PATRICKに関連する記事

新フォーマットのLondon Fashion Week Juneって何?(若月美奈)

2024/07/08

クリエイティブカルチャーを紹介する新フォーマットのファッションウィークを掲げて、6月7日から3日間、ロンドン・ファッションウィーク(LFW)・ジュンが開催された。メンズに焦点を当て、40周年を記念して40のイベント...



国内企業の24年秋冬レディスバッグ 光沢や艶がトレンドに

2024/06/17

 24年秋冬の国内企業のレディスバッグは、光沢感や艶感がトレンドになっている。メタリック素材や光沢のある合成皮革、コーティングなど様々に光沢や艶を表現した。持ち手の変化や、立体的な表面感で新鮮さを出す傾向も見られた...



ロンドン・ファッションウィーク・ジュン クリエイティブカルチャーも紹介するイベントに進化

2024/06/13

 【ロンドン=ライター・益井祐】6月のロンドン・ファッションウィーク(LFW)がファッションだけでなくクリエイティブカルチャーも紹介するイベントとして本格的に再始動した。メンズの「ロンドン・コレクションズ・メン」か...



25年春夏欧州メンズファッションウィークの見どころ 自身最後の「ドリス・ヴァン・ノッテン」

2024/06/06

 25年春夏欧州メンズファッションウィークがまもなく始まろうとしている。ロンドン、ミラノ、パリの通信員が今回の見どころを紹介する。ロンドン クリエイティブカルチャーにスポット 6月7日から3日間にわたって開かれるロ...



24年秋冬レディス財布 多彩な色使いで鮮度アップ 干支にちなんでパイソン柄も

2024/05/28

 24年秋冬のレディス財布は明るい色や濃い色など、様々な色を用意し、新鮮さを出している。落ち着きがちな秋冬の装いを、明るく盛り上げそうだ。25年が巳(み)年であることにちなんで、パイソン柄の提案も目立った。(吉野光...



30周年の「ヤブヤム」 コレクションアーカイブ上映会

2024/04/25

 今年30周年を迎えた「ヤブヤム」(パトリック・ライアン、吉田真実)は、東京・神宮前の直営店で過去のコレクションのショーの映像会を行っている。第一弾として、98年春夏から99年秋冬の4シーズンを編集した。 映像に出...



マークイズみなとみらい、23年度売上高244億円 大規模改装中も既存店が健闘

2024/04/12

 マークイズみなとみらい(横浜市、三菱地所プロパティマネジメント運営)の23年度(24年3月期)の売上高は244億円(前期比6.1%増)、来館者数は1217万人(5.4%増)だった。開業10周年を迎えるのを機に、2...



伊藤忠商事ブランドマーケティング部門 新規ブランド導入相次ぐ

2024/01/22

 伊藤忠商事繊維カンパニーのブランドマーケティング部門は、新規ブランドを相次いで導入した。既存ブランドでは商品力の向上と海外での販売強化に力を入れ、収益を高める。(高田淳史)【関連記事】伊藤忠商事繊維カンパニー 連...



伊藤忠商事繊維カンパニー 投資スピード速め収益拡大へ

2023/12/25

 伊藤忠商事繊維カンパニーは、「まずは純利益300億円を安定的に稼ぐ基盤を作り、400億、500億円と高めていくには積極的な投資が必要」(武内秀人執行役員繊維カンパニープレジデント)と来年以降、投資スピードを速める...



レディス財布24年春夏 明るい色、ブルーやイエローが目立つ 薄く、コンパクトに

2023/11/28

 24年春夏のレディス財布は、全体として色柄が明るくなる傾向が見られた。また、小型化が進む一方、大型財布の需要も根強い。各社で、大型財布を薄くコンパクトにする取り組みが目立った。(吉野光太朗)パステルや光沢 これま...



《マスイユウのYUラブパリ・メンズ》23~24年秋冬展示会㊦ ランウェーショーやショールームコラボがさらに充実の「トラノイ」

2023/02/08

 フィジカルの完全復活と言っていい23~24年秋冬パリ・メンズコレクションは、ショールームだけでなくトレードショーや合同展も活気付いていた。(ライター・益井祐)【関連記事】《マスイユウのYUラブパリ・メンズ》23~...



「桜」色に染まる春(宇佐美浩子)

2022/03/10

3月のカレンダーをめくると同時に、気分も気温も「春」度がアップしたように思う。そして日本を象徴する花「桜」の季節の到来を、様々なカタチで体感する。例えば上記、5月23日(月)まで東京・六本木の国立新美術館にてカルテ...